Xperia 1/Xperia 5比較。Xperia 5がおすすめな理由。

日本市場においては、10月中旬よりDoCoMo/au/SoftBankから正式発表される可能性が高いXperia 5だが、先日の情報からも、中国や香港でSONYはイベントを開催し、9月下旬から10月上旬にかけて発売を開始する可能性が高いと予測されている。詳細は「9月26日以降に発売開始か。Xperia 5がEtorenでもまもなく発売開始に。」をご覧頂きたい。

また発売を開始して約2年が経過するXperia XZ1 CompactユーザーがXperia 5とXperia Aceのどちらを購入するべきかまとめたので、詳細は「Xperia XZ1 Compactから機種変すべき機種は? Xperia 5/ Xperia Aceスペックまとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回併売されることが判明しているXperia 1とXperia 5だが、Xperia 5がおすすめだと思う理由について簡単にまとめたいと思う。



スペックを比較してみよう。

まず上記の画像はXperia 5とXperia 1を比較した画像になる。アスペクト比21:9を採用し、さらにオムニバランスデザインを採用していることからも、デザインはほぼ一緒だ。それこそ違いは本体サイズとカラバリくらいだろう。だからこそユーザーにとっては、自分の好みにあった大きさで選ぶことができることからも分かりやすいのかもしれない。その上でスペックを比較すると以下のようになる。

Xperia 5 Xperia 1
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.5インチ
表示解像度 2520×1080(FHD+) 3840×1644(4K)
画素密度 449ppi 643ppi
本体サイズ 158 x 68 x 8.2 mm 167 x 72 x 8.2 mm
重さ 164g 178g
OS Android9.0
SoC snapdragon855
RAM/ROM 6GB/128GB
メインカメラ 12MP+12MP+12MP
インカメラ 8MP(HDR)
バッテリーサイズ 3140mAh 3330mAh
充電速度 18W
ワイヤレス充電 非対応
生体認証 指紋
防水/防塵 IP68

SONYはXperia 1とXperia 5を別シリーズとしているが、実質Xperia 5はXperia 1の小型モデルだ。スペックを比較してみて、共通の部分がかなり多い。それこそ、違いはディスプレイサイズに起因するものが多い。

スペックを確認した上で、Xperia 1よりXperia 5の方がおすすめの理由を確認していきたいと思う。

 

4Kの恩恵を受けることはほぼない。

Xperia 1は世界初の4K OLED HDRを搭載して大きな話題となった。確かに4K OLED HDRに対応したテレビと比較してみると、Xperia 1の再現性の高さを確認することができる。とはいえ、他の機種と比較した場合、4Kに対応しているからといって、そこまでの恩恵を受けることはない。むしろ最大輝度が低い上で、画素密度が高いことからも、ディスプレイが暗い方が問題だ。

それこそ日中に屋外で使用する場合や、室内灯が多い屋内で使用する場合などでは、最大輝度が低いことからも、ディスプレイを確認しにくい。また4Kで表示されるのは、対応した動画や写真など限定されている。電池持ちとのバランスを考えれば最善かもしれないが、現状対応しているコンテンツが少ないことからも、ほぼFHDで表示されることになる。

ほぼFHDで表示されることを考えると、むしろ電池持ちが悪いように感じる。一方でXperia 5に関しては、4Kに対応しているわけではないが、画素密度が449ppiもある。ディスプレイの評価が高いGalaxy Note10以上の画素密度であり、さらに先日発表されたばかりのiPhone 11 ProやiPhone 11 Proと同等になる。このことからも、Xperia 5のディスプレイでも十分に高精細であると判断することができる。

 

ディスプレイが大きい=迫力があるわけではない。

上記の画像はGalaxy Note10とGalaxy Note10+を比較した画像になるが、0.5インチのサイズ差はかなり大きく見える。一方でXperia 1とXperia 5のディスプレイサイズの差は0.4インチだ。最初の画像を確認して頂くと分かりやすいが、Galaxy Note10シリーズほど大きな差がないように感じる。

これはアスペクト比21:9を採用していることが起因していると判断することができる。かなり大雑把に言ってしまえば、縦の長さが異なる程度だ。つまりXperia 1がより大きなディスプレイを搭載していることに大きなメリットがないとも言える。縦長の方が、一度に表示できる範囲は広くなるかもしれない。ただ、動画や写真をみる際に、Xperia 1の方が迫力あるディスプレイというわけではない。

このことを考えると、少しでも持ちやすい方がいい。Xperia 5の方が横幅も短く、さらに軽いことを考えると、Xperia 1より持ちやすい。よく言えば、Xperia 1とXperia 5はディスプレイサイズが異なれど、同じ体験をすることができる。悪く言えば、Xperia 1は6.5インチのディスプレイを搭載しているとはいえ、そのディスプレイサイズがアドバンテージになりにくいということだ。

 

カメラ体験に劇的な変化はない。

Xperia 5とXperia 1は1200万画素のトリプルレンズカメラを搭載している。違いがあるとすれば、Xperia 5はCMOSを搭載していないことからも960fpsのスーパースローモーションに対応していないことだ。詳細は「Xperia 5の開発秘話。名称由来/カメラの秘密などまとめ。」をご覧頂きたい。

あとは標準カメラセンサーが変更されているくらいで、撮影体験に大きな変化が発生するとは思えない。Xperia 1の時から発生しているカメラソフトのバグはいまだに完全に解消されていない。このことを考えると、Xperia 5でも同様の現象が発生する可能性が高い。Xperia 1の特徴の一つであるカメラがXperia 5でも使えるのであれば、わざわざより高価な価格であるXperia 1に固執する必要性はない。

ちなみに先日の情報からもXperia 5は8万5000円程度になることが判明している。となると、少しでも安く、さらにカメラ体験が一緒。また持ちやすいXperia 5の方がおすすめになってしまう。先述したが日本市場では10月下旬から11月上旬にかけて発売を開始する可能性が高い。なのでXperia 1とXperia 5の購入で迷っているユーザーはXperia 5を手にとってからどちらを購入するべきか判断するべきだ。

待ち時間・購入手数料不要。オンラインショップがおすすめ。

↓ドコモオンラインショップでこの購入はこちらで。

↓auオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SoftBankオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SIMフリーの購入はこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG