スペック比較。Xperia XZ premiumユーザーにXperia 5がおすすめな理由。

IFA2019において正式発表されたXperia 5だが、SONYは10月より一部地域を対象に発売を開始すると発表しており、イギリスの大手サイトであるCloveにおいて、その製品ページから10月4日より出荷を開始することが判明している。

Xperiaにとって、久しぶりのハイエンドコンパクトモデルということもあり、Xperia 5はまずまずの注目を集めているが、実際に歴代Compactモデルと比較すると、Xperia 5は圧倒的に大きい。詳細は「Xperia XZ1 Compactから機種変すべき機種は? Xperia 5/ Xperia Aceスペックまとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回約2年前に発売を開始したXperia XZ premiumとXperia 5を比較して、Xperia XZ premiumユーザーこそ、Xperia 5に機種変更すべき理由を簡単にまとめたいと思う。

スペックを比較してみる。

さてまずはXperia 5とXperia XZ premiumのスペックを簡単に比較すると以下のようになる。

Xperia 5 Xperia XZ premium
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 液晶
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.5インチ
表示解像度 2520×1080 3840×2160
画素密度 FHD+ 4K
本体サイズ 158 x 68 x 8.2 mm 156 x 77 x 7.9 mm
重さ 164g 191g
OS Android9.0
SoC snapdragon855 snapdragon835
RAM 6GB 4GB
ROM 128GB 64GB
メインカメラ 12MP+12MP+12MP 19MP
インカメラ 8MP(HDR) 13MP
バッテリー 3140mAh 3230mAh
防水/防塵 IP68

この上でポイントを比較していきたいと思う。

ほぼ持ちやすは同じ。

上記の画像は、Xperia 5とXperia XZ premiumを比較した画像になる。スペックを確認するとより分かりやすいのだが、縦の長さがほぼ一緒だ。ちなみに重ねてみると以下のようになる。

横幅がXperia XZ premiumの方が僅かに長い程度だ。本体の厚みに関しては、僅かにXperia 5の方が厚く、一方で重さに関してはXperia 5の方が軽い。指紋認証が同じく側面に搭載されていること。さらにXperia 5はサイドセンスに対応していることを考えると、Xperia XZ premiumよりXperia 5の方が持ちやすく、さらに片手操作もしやすいと判断することができる。

ただXperia XZ premiumのように、鏡面仕上げのカラバリがXperia 5にないことが残念だ。ちなみにXperia 1とXperia 5を比較すると、Xperia 5の方が僅かに光沢感が強いことからも、カラバリは異なるが、Xperia 1よりXperia 5の方がXperia XZ premiumに近い雰囲気となっている。

電池持ちも改善。

Xperia XZ premiumとXperia 5のバッテリーサイズはほぼ一緒だ。だがXperia XZ premiumは4Kに対応している。ただXperia 1と異なり、Xperia XZ premiumは4Kが最適化されておらず、電池持ちが非常に悪い。

一方でXperia 5は4Kに対応していない。ただ有機ELディスプレイを搭載している。確かにXperia XZ premiumが4Kで表示している場合はXperia XZ premiumの方が発色がいい。ただXperia XZ premiumが4K表示するシーンは限定されている。それ以外に関してはFHDで表示される。このことを考えるとXperia 5の方が安定的に高精細で表示され、さらに電池持ちがいいと考えることができる。

執筆時点ではXperia 5のバッテリーテストの結果が公開されていないが、Xperia 5はXperia 1より電池持ちがいい可能性が高い。このことを考えると、Xperia XZ premiumよりXperia 5の方が電池持ちがいいと判断することができる。

スーパースローモーションは必要か?

スペック的にXperia 5とXperia XZ premiumのカメラを比較すれば、もちろんXperia 5の方がハイスペックだ。ただXperia XZ premiumが搭載していてXperia 5が搭載していない機能がある。それは960fpsのスーパースローモーション撮影になる。個人的な主観も入ってしまうが、本当にスーパースローモーション撮影は必要だろうか。

少なくともGalaxyなど他の機種と比較すると、Xperiaの場合、より高い照度の環境下じゃないと上手く撮影することができない。他の機種との比較になってしまうが、Xperiaに搭載されているスローモーション撮影自体が、非常に使いづらいと感じてしまう。だからこそ、自分自身はXperiaでスローモーション撮影を使うことがない。

少なくとも普段スローモーション撮影を使っていないユーザーからすれば、Xperia 5に搭載されていないくても問題ないはずだ。スローモーション撮影がなくてもいいのであれば、その代わり、4K60fpsのビデオ撮影や、光学式手ブレ補正を組み合わせたハイブリット式手ブレ補正も手に入る。となるとXperia  5の方がおすすめになる。

違和感なく乗り換えが可能。

基礎スペックに関しては、やはり発売時期が2年近く離れていることもあり、Xperia 5が圧倒的だ。それこそ、Xperia 5とXperia XZ premiumではハイエンドモデルとミドルレンジモデルくらいの差がある。

Xperia XZ premiumユーザーの多くがそろそろ機種変更の時期になると思うが、違和感なく機種変更することができるのは、Xperia 1ではなくXperia 5になる。持ちやすさは日常使う上で非常に重要だ。そして大幅に進化したカメラに基礎スペックを搭載していることを考えると、Xperia XZ premiumユーザーこそXperia 5をおすすめする。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG