Xperia 5の開発秘話。名称由来/カメラの秘密などまとめ。

IFA2019において、SONYはイベントを開催し、 Xperia 5を正式発表した。事前情報においては Xperia 1/5Gやミドルレンジモデルである Xperia 20などが同時に発表されると予測されていたことからも、ちょっと肩透かしをくらった面もある。

ただSONYがユーザーから最も不評とされていたマーケティングが大きく変わろうとしている。今まで半期ごとに後継機種を発表していたが、 Xperia 5は上期に発表された Xperia 1とは別シリーズになる。このことからも、ユーザーは以前より買い時が分かりやすくなったと判断することができる。

さて今回ePriceによると、 Xperia 5の名称由来や、 Xperia 1とのカメラの違いなど、開発秘話が判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思う。



 Xperia 5に込められた意味。

上期に発表された新型 Xperiaは新しい命名規則となっており、今後登場する Xperiaは1から10までの数字が採用されることが判明している。少なくとも Xperia 1は1から生まれた Xperiaとその名称に込めた想いが判明しているが、ミドルレンジモデルである Xperia 10に込められた想いは判然としない状況にある。

そして今回の情報によると、 Xperia 5に込められた想いやその名称由来に関しては、はっきりしないとしている。少なくともSONYの関係者は、 Xperia 1の1はトップであることから、プレミアムモデルであることを改めて強調したとしているが、肝心な Xperia 5の5に関してははっきりとした答えがなかったとしている。つまりSONYにとっても、 Xperia 5に込められた想いや由来はないのかもしれない。

またSONYの関係者は、 Xperia 1と Xperia 5が別のシリーズであることを改めて強調したとしている。単純に考えれば、 Xperia 1がプレミアムモデル。 Xperia 10がミドルレンジモデルであることからも、 Xperia 5はレギュラーフラッグシップモデルであることから、その中間的な意味で「5」なのかもしれない。

またナンバリングはシリーズを意味していることからも、 Xperia 1の後継機種は、必ず「1」が使われ、 Xperia 5の後継機種は「5」が使われると判断することができる。SONYの関係者の話によると、例えば Xperia 1の後継機種の名称に Xperia 1 Mark IIなどカメラと同様の命名規則は採用されないとしている。

Xperia 1が発表された時、SONYの関係者は、後継機種に命名規則について、今は発表できないが、実際に発表されて聞けば、その命名規則に納得してもらえると発言している。どのような命名規則になるのか判然としないが非常に楽しみだ。

 

 Xperia 1とのカメラの違い。

Xperia 5に採用されたトリプルレンズカメラは、基本スペックで確認する限りは Xperia 1と同じだ。 Xperia 1に関しては、インカメラを含めSamsung製のカメラセンサーが多数採用されて大きな話題となったが、 Xperia 5も同様にSamsung製のカメラセンサーを採用しているか判然としない。

SONYはカメラセンサーにおいて世界1位のシェアを誇るにも関わらず、 Xperia 1に自社製のカメラセンサーを搭載しなかった理由を開示しないとしている。ただSONYの関係者の話によれば、 Xperia 1のカメラを開発するにあたって、最適なカメラセンサーの組み合わせをする上でたまたまSamsung製を採用したに過ぎないとしている。少なくとも自社製のカメラセンサーでは最適な組み合わせができないらしい。

そして Xperia 1と Xperia 5のカメラで大きな違いがあるとすれば、 Xperia 5は960fpsのスーパースローモーションに対応していないことだ。この理由として、SONYの関係者は、DRAMを搭載していないことが原因だとしている。ただなぜ、 Xperia 5にDRAMが搭載されなかったのかまでは判然としない。

それこそ、 Xperia XZ premium/ Xperia XZsの時は、Motion Eyeと称してまでスローモーション撮影に対応したことをアピールした。カメラセンサーの厚みを抑えるためなのか、ユーザーのニーズがそこまでないのか判然としないが、ちょっと気になる部分だ。

 

 XperiaがDxOmarkで低評価の理由。

カメラの有名な評価サイトであるDxOMarkにおいて、先日ようやく Xperia 1のスコアが公開された。 Xperia 1は好きな人にとことん好きになってもらえるようにと、特にカメラとディスプレイに注力して開発している。だからこそ、同サイトにおけるスコアが高評価を獲得するのではと、かなり期待されていたが、実際にはかなり残念なスコアとなっている。詳細は「2019年カメラで選ぶならGalaxy Note10+が圧倒的おすすめ。Xperia 1も遠く及ばず。」をご覧頂きたい。

そして今回の情報によると、 Xperia 1がなぜDxOMarkにおいて高評価を獲得できなかったのか。SONYの関係者の話によると、DxOMarkのレビュー用に最適化していなかったとしている。逆に考えると、HuaweiやSamsungは、同サイトにおいて高評価を獲得できるように最適化している可能性があるとも考えることができる。

あまり詳細は判然としないが、少なくともDxOMarkにおいて、高評価を獲得するのに重要な要素の一つとして人物画だとされている。いかに人物を綺麗に撮影することができるかが重要らしい。

また他の機種は、撮影した画像を表示する際、カメラソフトを通して色味や光量など調整する。一方で Xperiaはカメラソフトを通してそこまでの調整はしない。ここも大きな分かれ道になっていると判断することができる。

今回は Xperia 5に関する開発秘話について簡単にまとめてみた。命名規則など腑に落ちない面もあるが、 Xperia 5自体は完成度の高い機種だと考えることができ、待望のコンパクトモデルである。発売が今から楽しみだ。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG