スペック比較。Xperia 1よりiPhone 11 Pro Maxが欲しくなる理由。

9月20日より日本市場含めて発売を開始するiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、先日の情報からも、SIMフリーはiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxが人気であることが判明しており、一方でキャリアモデルに関しては、iPhone 11の方が人気が高いことが判明している。詳細は「人気はやはりあの組み合わせ。iPhone 11シリーズの国内で最も人気が高い機種/カラバリ/ストレージが判明。」をご覧頂きたい。

冬春モデルとしても注目すべきシリーズになると判断することができる。さて今回国内でも人気が高いXperia 1とiPhone 11 Pro Maxのスペックを比較した上で、iPhone 11 Pro Maxの方が欲しくなる理由について簡単にまとめたいと思う。

Xperia 1/iPhone 11 Pro Max比較。

上記の画像は、iPhone 11 Pro MaxとXperia 1を比較した画像になる。次にスペックを簡単に比較すると以下のようになる。

iPhone 11 Pro Max Xperia 1
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.5インチ
表示解像度 2688×1242 3840×1644
画素密度 456ppi 643ppi
画面占有率 84.52% 82.22%
本体サイズ 158 x 77.7 x 8.1 mm 167 x 72 x 8.2 mm
重さ 226g 178g
OS iOS13 Android9.0
SoC A13 Bionic snapdragon855
RAM 6GB
ROM 64/256/512GB 64/128GB
メインカメラ 12MP+12MP+12MP
インカメラ 12MP 8MP
バッテリー 3500mAh 3330mAh
充電速度 18W
生体認証
防水/防塵 IP68

iPhone 11 Pro MaxはiPhone X以降と同じ大型のノッチを採用しているが、画面占有率を比較するとXperia 1よりiPhone 11 Pro Maxの方が上だ。ノッチが気にならないということにはならないが、iPhone 11 Pro Maxの方がよりベゼルがスリムだと判断することができる。

またiPhone 11 Pro Maxの重さに関しては気になるとこだ。それこそ、Xperiaの中でもトップクラスに重く分厚かったXperia XZ2 premiumより僅かに軽い程度だ。ただ本体の厚さ関しては、iPhone 11 Pro Maxの方が薄い。とはいえ、持ち比べた場合、相当iPhone 11 Pro Maxの方が重く感じる可能性が高い。スペックを確認した上で、iPhone 11 Pro Maxの方が欲しくなる理由を順に確認したいと思う。

マットガラスを採用している。

まず一つ目の理由として、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxが共通してマットガラスを採用したことだ。その詳細は判然としないが、さらにGorilla Glass 6でコーティングしてある可能性も高く、耐久性もピカイチだ。

厳密に言えば、マットガラスと異なるが、同じ磨りガラスのような材質を採用したのはXperiaの方が早く、約4年前となるXperia Z5で採用された。自分自身が歴代Xperiaを使ってきたからこそ、iPhone 11 Pro Maxのマットガラスを見ると、どうしてもXperia Z5のフロストガラスを思い出してしまう。

iPhoneが今回マットガラスを採用したことで、SamsungなどAndroidメーカーも追従するかもしれない。だらからこそ、たまたまなのかもしれないがSONYの先見の明はすごいと思ってしまう。詳細は「Galaxy Note10/iPhone 11 Pro。この2機種がXperiaのデザインの優秀さを証明したと思う2つの理由。」をご覧頂きたい。

ただ残念なことに、SONYはXperia Z5以降、フロストガラスを採用していない。むしろXperia 5など、最新機種で復活させて欲しかった材質になる。歴代Xperiaユーザーであるからこそ、iPhone 11 Pro Maxのマットガラスには心打たれるものがある。

ディスプレイの明るさ。

Xperia 1はコンテンツを最大限に活かすために、シネマワイドや、4K OLED HDRを搭載している。もっと単純に言えば、写真や動画を見るときに、そのスペックが最大限発揮するように設計されている。逆に言えば、写真や動画以外の場合、その特徴を最大限活かすことができない。

確かに4K OLED HDRは魅力的なスペックだ。ただ画素密度が高いことからも、ディスプレイが暗くなりがちで、さらに最大輝度も低い。一方でiPhone 11 Pro MaxはXperia 1のような4Kに対応しているわけではない。ただ最大輝度が1200nitsと非常に明るいディスプレイを搭載している。また写真や動画などのコンテンツに特化していわけでもない。

つまりiPhone 11 Pro Maxの方が屋内/屋外関係なく、安定的に明るく表示してくれる。ディスプレイの明るさは、あまりスペックを比較する上で、気にしないユーザーもおおいかもしれないが、かなりユーザビリティに差が発生する。最近ハイエンドモデルの多くが有機ELディスプレイを搭載しているため、高精細なディスプレイを搭載している機種が増えたが、高精細なディスプレイ=見やすいディスプレイではない。

だらこそ、最大輝度がより高く、安定的に明るいディスプレイを搭載したiPhone 11 Pro Maxの方が魅力的に見える。

Xperiaに欠けているカメラ。

メインカメラに関しては、同じくトリプルレンズカメラを搭載し、さらに画素数も一緒だ。個人的にちょっと残念だったのが、超広角レンズがどちらの機種ともオートフォーカス機能に対応していないことだ。また購入後に確認したいのが、iPhone 11 Pro Maxの超広角レンズにおける歪みだ。

少なくともXperia 1のカメラの評価は低い。それこそ前モデルであるiPhone XS Maxよりも圧倒的に低い。詳細は「2019年カメラで選ぶならGalaxy Note10+が圧倒的おすすめ。Xperia 1も遠く及ばず。」をご覧頂きたい。つまりiPhone 11 Pro Maxよりもかなり評価が低いと判断することができる。

一方でXperiaに頑張って欲しかったのはインカメラだ。ソフトの面ではSONYとAppleで考え方がまるで異なる。そのため撮影した写真や動画でも大きな差が出る。だからこそスペック面。特にカメラであるからこそ頑張って欲しかった。iPhone 11 Pro Maxはインカメラで4K60fpsの動画撮影やスローモーション撮影に対応しているが、Xperia 1は対応していない。

それこそ4K60fpsのビデオ撮影や、スローモーション撮影をいち早く搭載したのはXperiaの方だ。だからこそインカメラでもいち早く搭載して欲しかった。Xperiaに搭載されている技術が高いことに違いはない。だからこそ、余計にXperiaが残念に感じてしまう。

今回はXperia 1よりiPhone 11 Pro Maxの方が欲しくなる理由について簡単にまとめてみた。後日iPhone 11 Pro Maxが手元に届き次第。改めてまとめたいと思う。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG