iPhone XI/iPhone XI Maxは9月10日に正式発表に?iOS13/iPad OS13の配信は9月23日より。

先日の情報からも、大方の予測がついてはいたが、SoftBankの社長が決算発表において、記者からの質問に対して、次期iPhoneの発売は9月20日になることを示唆したことが判明している。詳細は「SoftBankの社長がやらかした。次期iPhone XI/iPhone XI Maxの発売日は9月20日で確定か。」をご覧頂きたい。

昨年と同じ流れであれば、9月20日に、iPhone XI/iPhone XI Maxの発売が開始すると判断することができるが、一方で、iPhone XRの後継機種が同時に発売されるのかどうかまでは判然としない状況にある。詳細は「今年こそ本命候補に。iPhone XR2のデザイン/スペック/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回Phone Arenaによると、次期iPhone XI/iPhone XI Maxは9月10日に正式発表される可能性が高いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思う。



Appleは9月10日にイベントを開催か。

例年通りであれば、Appleは毎年9月10日頃の火曜日もしくは水曜日にイベントを開催する。2019年で見れば9月10日もしくは9月11日にイベントを開催する可能性が高いと想像することができる。その上で、今回の情報によると、iOS13のβ版において、上記の画像のスクリーンショットを発見することができたとしている。上記の画像からもカレンダーの日付が9月10日になっていることを確認することができる。

このことからも、Appleは9月10日にイベントを開催する可能性が高いと判断することができる。ちなみに昨年においては、iOS12のβ版から今回と同様のスクリーンショットが見つかっており、その時は9月12日の日付になっていたことが判明している。そして実際にイベントが開催されたのは9月12日だ。つまり今年は9月10日にイベントが開催されることでほぼ確定だと判断することができる。

先日の情報からも、今年のイベントは目白押しで、iPhone XI/iPhone XI Max/iPhone XR2に加え、iPad(10.2)に、iPad Proなどが発表されると予測されている。詳細は「次期iPad Pro(2019)は次期iPhone(2019)と同様にトリプルレンズカメラを搭載する可能性。」と「タブレット市場を大きく牽引する存在へ。iPad(10.2)は9月に発売開始がほぼ確定へ。」をご覧頂きたい。

また次期iPhoneの命名規則も大幅に変更される可能性が高いと予測されている。詳細は「2019年の新型iPhoneの正式名称はiPhone Pro/iPhone Pro Maxになる可能性。」をご覧頂きたい。

 

iOS13/iPad OS13の配信は遅れる可能性。

また今回の情報において、次期iOS13/iPad OS13の正式配信は例年より遅くなる可能性があるとしている。例年通りであれば、次期iPhoneが発売される前に正式配信を開始する。昨年においては9月16日より配信を開始している。ただ上記の画像からも今年は9月23日と、例年より遅く、9月20日の次期iPhoneの発売より遅くなる可能性があるとしている。

もちろん新型iPhone/iPadに関しては、iOS13/iPad OS13を標準搭載していると考えることができるが。リリースが遅れる原因としては、やはりバグだとしている。iOS13/iPad OS13のβ版は当初から多くのバグに悩まされており、ほぼバグがなかったiOS12と異なり、何回アップデートが繰り返し行われているが、いまだにバグを解決できていない。このことからも万全を期すためにも、正式配信を遅らせる可能性があるとしている。

実際にiOS13/iPad OS13の使用しているが、最初の時と比較してだいぶ改善されたが、特にiOS13はかなり不安定だ。今回の情報にあるようにあと1ヶ月で上手く改善できると思えない。Appleはだいたいイベントを開催する11日前にイベント状の配布を行う。つまり今回の情報が正しければ、8月下旬には配布されるということになる。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG