iPhone XS Maxで試しに。iOS13のPublic Betaの不具合を確認しよう。

6月の上旬に開催されたWWDC2019でAppleは新OSであるiOS13やiPad OS13などを発表し、イベント直後には開発者向けに。そして6月下旬には一般向けのPublic Betaの配信を開始している。もちろんBeta版なので、不具合はつきものだ。ただ新しいOSを一足先に試せるという魅力もある。自分自身はiPhone XS MaxにはiOS13を。iPad ProにはiPad OS13のBeta版をインストールして使っている。

さて今回1週間近く使ってきて、特にiOS13のPublic Beta版の不具合が明らかになってきたので簡単にまとめたいと思う。



Apple Beta Software Programの登録方法。

まず、Public Beta版をインストールするにはApple Beta Software Programに登録する必要がある。一度使ったことがユーザーはサインインを。使ったことはないユーザーは登録する必要がある。登録といっても、Apple IDを使ってログインするだけだが。またログインをする際に、必ず2段階認証が求められる。

ログインもしくは登録が完了すると、今度はPublic Beta版をダウンロードすることになる。上記の画像はiMacでアクセスしたので、macOSが自動的に選択されている。iPhoneでアクセスすればiOS13が。iPadでアクセスすればiPad OS13が選択される。そして画面上部にあるデバイス登録をタップもしくはクリックする。

そうすると、上記の画像のようにダウンロードするボタンがあるので、クリックもしくはタップをすれば、ダウンロードが開始する。そしてダウンロードが完了すると一度再起動がかかる。再起動後に、設定から、ソフトウェアのアップデートを確認すると、いよいよPublic Beta版をインストールすることが可能になっているので、あとはアップデートと同じ手順で完了する。

ただPublic Beta版は不具合が多い。なので必ずバックップを行うべきだ。そして、メインに使っているiPhoneやiPadは避けるべきだ。一台しか持ってない人にはあまりおすすめしない。次に判明している限りの不具合をまとめたいと思う。

 

Public Beta版の不具合。

今回はiOS13のPublic Beta版の不具合を確認したいと思う。まずは当たり前だが挙動は安定しなくなる。フリーズしたり、ガクガクしたりする。とはいえ個人的にはiOS12のPublic Beta版の時よりはマシだと思う。本当iOS12の時はひどかった。すぐにフリーズして、再起動の繰り返しになっていたので、全くといっていいほど使い物にならなかった。それでは個別の症状を見ていきたいと思う。

 

メールの受信が遅れる/できない。

自分自身はドコモのiPhone XS Maxを使用しているため、Messageアプリを使うことはほとんどない。メールアプリを使うことがほとんだ。このメールアプリにドコモメールが統合されており、さらにGmailなどを追加して使用している。

Twitterなどを確認してもメールアプリの不具合をTweetしている人が多い。自分自身の場合は、新着の通知があるにも関わらず、メールボックスにメール自体がなかなか表示されないことが多い。自分の場合はこれでもマシなほうで、一部ユーザーは、そもそも新着メールを受信することができないとしている。昔はキャリアメールやGmailを使っていたユーザーが多いかと思うが、今はこれだけLINEが普及していると、LINE一本の人も多いと思う。

とはいえ、仕事先とのやりとりなど、キャリアメールやGmailを使っている人はまだまだ多いと思う。なので、電話よりメールを使うことが多い人にとってはかなり痛い不具合になる。

 

カメラの起動/シャッター

上記の画像から確認できるように、写真アプリのインターフェイスは大きく変更される。以前より撮影した写真を見やすくなった。ただPublic Beta版で問題なのは、むしろ撮影するカメラアプリのほうだ。まず、カメラを起動するのに時間を要することが多い。正確に言えば、カメラのアプリは開いているが、画面が真っ暗の状態が続く。ただ一度起動してしまえば、問題なく使える。

ただシャッター音は安定していない。これは不具合と捉えるべきなのか判然としないが、シャッター音が全く鳴らない時もある。一方でシャッター音が途中で途切れることもある。以前はアクセシビリティ機能でシャッター音を無効にできるというバグがあったかが、少なくとも自分のiPhone XS Maxでは同様にできない。

 

タッチパネルの精度が悪化。

そして個人的に最も鬱陶しさを感じるのが、タッチパネルの感度が下がっていることだ。特にリンクなどをタップしても反応しないことが多い。おそらくだが、タップしている場所とiPhoneが認識している場所にずれが生じているからこそ、このような現象が発生すると考えることができる。特にタップ操作を多用するゲームアプリでは致命的だと考えることができる。

その他細かい不具合をまとめると以下のようになる。

iOS13 不具合
アプリがクラッシュする。
アプリの初回起動時にBluetoothの接続許可を求められる。
Apple Payの起動時にダークモード表示となっている。
Air Dropが使えない。
LINEで写真を送信すると、画像が上下逆さになる。
着信ができない。

全ての機種に共通して発生している現象ではない。なので同じ症状が発生する人もいれば、発生しない場合もある。

 

Public Beta版はやめる方法。

そして最後に、Public Beta版を止める方法について簡単にまとめたいと思う。今回はiPhoneの場合を見てみよう。

Public Beta版を止める方法。
①設定/一般/プロファイルの順番に進み、iOS Beta Software Profileをタップする。
②iOS Beta Software Profileを削除する。
③保存してあるバックアップをiTunesと接続して復元させる。

iCloudによって、ある程度自動的にバックアップが作成されるため、iTunesでバックアップを作成しないユーザーもいると思うが、Public Beta版をインストールするのであれば、必ずiTunesを通してバックアップを作成することをおすすめする。もしバックアップを作成していなかった場合は、いずれ配信されるPublic Betaの最新バージョンをインストールして改善を待つしかない。

ダークモードの対応など、あまり目新しさを感じないiOS13だが、それだけiOS12の時点でも完成度が高いと判断することができる。興味があるユーザーはあくもでも自己責任でPublic Beta版を試してみるといいと思う。

via Apple



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG