2019年の新型iPhoneの正式名称はiPhone Pro/iPhone Pro Maxになる可能性。

すでにCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、そのデザインを確認することができる2019年に登場する次期iPhone。デザインを確認する上では、iPhone XS/iPhone XS Maxから大きな変更がない一方で、カメラに関しては、iPhone初となるトリプルレンズカメラを搭載し、大幅に強化されることが判明している。

詳細は「iPhone XI/iPhone XI Maxのスペック/デザイン/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」と「カメラの進化は目まぐるしい。iPhone XI/iPhone XI Maxのカメラは広角/スーパースローモーション撮影に対応。」をご覧頂きたい。

ただその正式名称は判然としない状況にある。さて今回Phone Arenaによると、2019年に登場する次期iPhoneの正式名称は、iPhone Pro/iPhone Pro Maxになる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



命名規則が大幅に変更に?

Appleは以前一貫性のある命名規則を採用していた。ただiPhone8/iPhone 8 Plus/iPhone Xの世代から命名規則が崩壊してきた。2018年に発売を開始した新型iPhoneはiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRとXシリーズに統合された形になるが、このXがどのような意味を表しているのかは未だ判然としない。そしてこのXを採用したことによって、より命名規則がより混乱したとされている。

ただ今回の情報によると、このXの採用は、AppleがiPhoneの命名規則を大幅に変更するための事前準備に過ぎないとしている。

 

新たな命名規則は?

昨年iPhone XS/iPhone XRの命名規則を見事に的中させた、リーカーであるConixは、2019年に登場する次期iPhoneの命名規則には3つのシナリオがあるとしている。その3つのシナリオを簡単にまとめると以下のようになる。

命名規則 iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR
シナリオ1 iPhone Pro/5.8インチ iPhone Pro/6.5インチ iPhone(2019)
シナリオ2 iPhone Pro iPhone Pro Max iPhone(2019)
シナリオ3 iPhone XI iPhone XI Pro iPhone XI R

少なくとも、今回のシナリオを確認する限りでは、Proという名称が採用される可能性が高いと判断することができる。同氏は、iPhone XI/iPhone XI Maxという名称は、2020年に登場する次期iPhoneに採用される可能性が高いと予測している。個人的にはiPhone XIよりは、iPhone Pro(2019)の方がシンプルな命名規則であるように感じる。

今回の情報でも、2019年に登場する次期iPhoneの正式名称を断定させることは難しい。ただ、iPadはすでにナンバリングを廃止している。となると、iPhoneでもナンバリングを廃止してもおかしくはない。

先日の情報からも、次期iPhoneはそこまで高価にならない可能性が高いと予測されている。詳細は「貿易摩擦の影響はユーザーは関係なしに。iPhone XI/iPhone XI Maxは関税の影響で高価格になることはない。」をご覧頂きたい。そして、先日SoftBankの社長がやらかしたことで9月20日に発売を開始することが判明している。詳細は「SoftBankの社長がやらかした。次期iPhone XI/iPhone XI Maxの発売日は9月20日で確定か。」をご覧頂きたい。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG