懐かしのミュートボタンにマットなデザインも悪くはない。iPhone XI Maxのモックアップが公開に。

9月10日もしく9月11日にイベントを開催し、AppleはiPhone XI/iPhone XI Max/iPhone XR2を正式に発表すると予測されている。正式発表まで2ヶ月以内となっていることからも、生産が本格的に開始している可能性が高い。先日にもロジックボードがリークしており、より大型バッテリーを搭載していることが判明している。詳細は「iPhone XIはトリプルレンズカメラに大型バッテリーを搭載するために内部設計を大幅に変更へ。」をご覧頂きたい。

つまりこの時期になると、よりリーク情報が活発になるということだ。さらに先日には、クローンの可能性もあるが、街中で初めてiPhone XI Maxが使用されているところが判明しています。詳細は「カメラカラーは本体カラーに合わせて。iPhone XI Maxの実機が画像が初めてリークに。」をご覧頂きたい。

さて今回Phone Arenaによると、2019年9月に正式発表される可能性が高いiPhone XI Maxのモックアップがリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめようと思う。



ミュートボタンのデザインは変更に。

上記の画像は、iPhone XI MaxのモックアップとiPhone XS Maxを比較した画像となっている。やはり事前情報通りミュートボタンのデザインが変更されている。ひと昔前のiPadに採用されていたデザインだ。このデザインに変更した理由は判然としない。ただ現行のデザインだと、誤って触ってしまうことが多々ある。だからこそ、ユーザーの意に反して触ってしまわないように、従来のデザインに変更した可能性が高い。

また上記の画像を確認する限り、iPhone XI Maxのほうが、電源ボタンとSIMトレイの位置が僅かに下方に移動していることを確認することができる。これは先日購入した専用ケースでもすでに確認済みだ。詳細は「カメラサイズの違いは明白。iPhone XI Maxの専用ケースをiPhone XS Maxに装着してみた。」をご覧頂きたい。

 

カメラはそこまで分厚くない。

そして今回リークしたモックアップにおいて、iPhone XI Maxのカメラデザインも改めて確認することができる。やはりトリプルレンズカメラにかなり存在感がある。ただiPhone XS Maxと比較して、そこまでカメラが出っ張っているようには見えない。

側面から見た方がより確認しやすい。iPhone XS Maxのデュアルレンズカメラの方がよほど出っ張っていると判断することができる。一部情報では、iPhone XI/iPhone XI Maxはカメラの出っ張りを目立たなくさせるために、カメラをバンプさせている可能性が高いと予測されていた。ただ今回リークした画像では、バンプしていることは確認することができない。

 

ノッチ部分のサイズには変更がない。

そして上記の画像は、iPhone XI MaxとiPhone XS Maxのノッチ部分を比較した画像になる。2つの機種でノッチ部分に大きな変更はない。ただiPhone XI Maxの方が、搭載されているカメラセンサーが大型化されているように見える。となるとTrue Depth Cameraに何かしらの改良が施されている可能性が高いと考えることができる。

今回はモックアップということもあり、実際の製品と質感が大きく異なる可能性はある。ただデザインを確認する上では最適だ。今回のモックアップ通りに行けば、サイドフレームはマットな感じになることを確認することができる。iPhone XSシリーズに採用されているステンレスも悪くはないが、マットデザインの方が、より高級感があるように感じてしまう。

そろそろはっきりとした実機画像がリークしてほしいところだ。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG