A13チップの進化は限定的に。iPhone 11のベンチマークはiPhone XRより僅かに改善。

9月10日にいよいよ新型iPhoneが正式発表される。今年はiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3種類になりそうだ。またその他の新製品も合わせて発表されると判断することができる。詳細は「Appleのイベント招待状が意味すること。iPhone 11他発表されそうなApple新製品まとめ。」をご覧頂きたい。

また先日の情報において、次期iPhone 11 Proシリーズは3色展開に。そしてiPhone 11は6色展開になると予測されており、iPhone 11 Proシリーズに関しては、フロストガラスが採用される可能性が高いと予測されている。詳細は「iPhone 11 Proは4色展開に。Xperia 2と同じくレッドを採用する可能性が高い。」をご覧頂きたい。

さて今回MacRumorsによると、次期iPhone 11のベンチマークがリークし、前モデルであるiPhone XRより僅かに改善していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思う。



ベンチマークがリーク。

今回リークしたiPhone 11のベンチマークが上記の画像になる。まずベンチマークから確認できることを簡単にまとめると以下のようになる。

iPhone 11 スペック
OS iOS13.1
SoC A13
RAM 4GB
モデル番号 iPhone12.1

そのモデル番号からも、iPhone 11である可能性が高いと判断することができる。そしてRAMが事前情報通りに増強されていることも確認することができる。詳細は「Xperia Z5以来となる。次期iPhone 11 ProシリーズはフロストガラスにRAM6GB対応へ。」をご覧頂きたい。その上で、ベンチマークスコアを確認すると、シングルコアが5415で、マルチコアが1万1294となっていることを確認することができる。

そして上記の画像は、現行モデルであるiPhone XRのベンチマークスコアになる。今回リークしたベンチマークと比較してもほぼスコアに差がないことを確認することができる。ただ今回の情報によると、L1/L2のキャッシュが異常なほど低いことからも、iOSが最適化されていない可能性が高く、実際にはベンチマークスコアが高くなる可能性が高いとしている。

ただいくら最適化されていないとはいえ、A12 BionicとA13ではそこまで処理性能に大きな差がないのかもしれない。

 

A13チップの特徴。

今回リークしたベンチマークを確認する限りでは、A12 Bionicと同じく6コア構成になる可能性が高い。さらに事前情報において、同じく7nmプロセルルールを採用している可能性が高いとされている。ただ、Aチップとしては初となるEUVを統合することで、消費電力効率が改善する可能性が高いことが判明している。詳細は「iPhone XIS(2020)や次期iPadに搭載されるA14チップはMacBookに大きな変革をもたらす可能性。」をご覧頂きたい。

また今回の情報によると、A13チップが発熱に関してさらに調整されている可能性が高いとされている。ただ残念なことにそれ以外に関しては判然としない。ベンチマークスコアが高ければいいというわけでもないが、A12 Bionicはsnapdragon855やExynos9825などと同等のスコアを獲得しており、A12Xに関しては、圧倒的な処理性能を実現している。

だからこそ、A13チップはA12X以上のベンチマークを勝手に期待していたのだが、今回のベンチマークスコアを見る限りでは、どんなに最適化されたとしても、A12Xを上回ることは期待できない。

先日の情報からも、A14チップは初となる5nmプロセスルールを採用しているとされており、ベンチマークが大幅に改善されると判断することができる。ディスプレイサイズの変更に5Gとやはり2020年に登場する次期iPhoneが本命になりそうだ。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG