どちらを購入すべきか。Xperia 5/iPhone XSスペック/デザイン比較。

スマートフォン自体が大型化している中、一方でコンパクトモデルも安定的にニーズがあることに違いはない。特にヨーロッパや日本市場では根強い人気がある。だからこそ、Samsungはそのニーズに応えるため、Galaxy S10シリーズではGalaxy S10eを。Galaxy Note10シリーズではGalaxy Note10をラインナップしている。

一方でコンパクトモデルにおいて、多くのユーザーから支持を受けてきたのが、SonyのXperiaになる。今年の上半期にコンパクトモデルを発表しなかったことから、Galaxy S10eに多くのユーザーが流れたとされるが、先日待望であるXperia 5を正式に発表した。

残念なことに日本市場でGalaxy Note10は発売されないかもしれない。詳細は「DoCoMoの冬モデルとしてGalaxy Note10は発売されず?Galaxy Feel 3が認証を通過した可能性。」をご覧頂きたい。ただXperia 5にしろGalaxy Note10にしろ、コンパクトモデルとして注目すべき1台だと判断することができる。詳細は「どっちのコンパクトがおすすめ。Galaxy Note10/Xperia 5のスペック比較まとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回日本市場では圧倒的な人気を誇るiPhoneのコンパクトモデルであるiPhone XSとXperia 5のデザイン/スペックを比較したいと思う。



デザインを比較してみよう。

まずデザインから確認してみようと思う。アスペクト比が異なるからも、Xperia 5はかなり縦長の印象を受ける。

iPhone XS Xperia 5
本体サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7 mm 158 x 68 x 8.2 mm
重さ 177g 164g
画面占有率 82.64% 80.52%
カラバリ 3色 4色

iPhone XSは全体的にコンパクトにまとまっているが、実際に使ってみると、軽くは感じない。一方で、Xperia 5はかなり縦長で大きく見えること。そして重さがiPhone XSより軽いことからも、実際に手に持ったら、Xperia 5の方が圧倒的に軽く感じる可能性が高い。持ちやすさに関しては、Xperia 5の方が横幅が抑えられているが、分厚いことからも、そこまで変わらないかもしれない。

だからこそ、実際に持った時にどっちが重い印象を受けるか。重さが持ちやすさに直結しているように感じる。またiPhone XSの方がベゼルレスデザインとはいえ、ノッチを採用していることからも、画面占有率が低くそうに見えるが、スペック上では、Xperia 5の方が画面占有率が低い。

 

スペックを比較してみよう。

次に基礎スペックをまとめると以下のようになる。

iPhone XS Xperia 5
OS iOS12 Android9.0
SoC A12 Bionic snapdragon855
RAM 4GB 6GB
ROM 64/256/512GB 128GB
生体認証 指紋
防水/防塵 IP68
SDカード 非対応 最大512GB

SONYは近年、最新OSへの対応に尽力しているが、なぜXperia 5がAndroid10.0ではなく、Android9.0を搭載したのか正直判然としない。OSが異なることからも、あまり比較することに意味がないのかもしれないが、ベンチマーク上ではiPhone XSの方が上だ。またiPhone XSはSDカードに対応していない一方で、ストレージにバリエーションがある。

そして最大の違いは生体認証だろうか。Face IDの認証速度/認証精度がいいかどうかは別の話として、Face IDは一般的に言えば3D顔認証だ。一方でXperia 5は物理式の指紋認証になる。そのためセキュリティという面で考えれば、Face IDの方が上だ。

 

ディスプレイを比較してみよう。

次にディスプレイを比較してみようと思う。

iPhone XS Xperia 5
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.8インチ 6.1インチ
表示解像度 2436×1125 2520×1080
画素密度 459ppi 449ppi

ディスプレイサイズは、Xperia 5の方が大きい。だからこそ余計に縦長だ。一方で画素密度に関しては、iPhone XSの方が高い。つまりiPhone XSのディスプレイの方が高精細に見える可能性が高い。ただこれは、ユーザーごとの好みともある。

昨年発売を開始したXperia XZ3は有機ELディスプレイを採用した初のXperiaであり、かなりそのディスプレイは高評価を獲得した。それでもDisplay Mateによる評価では、Galaxy Note9やiPhone XS Maxの方が上だった。だからこそ、実際目にして確認する他ない。ただディスプレイ自体の評価はiPhone XSの方が上である可能性が高い。

 

バッテリーを比較してみよう。

次にバッテリー関連を比較してみようと思う。

iPhone XS Xperia 5
バッテリーサイズ 2659mAh 3140mAh
充電速度 18W
ワイヤレス充電 対応 非対応

iPhoneのバッテリーサイズを、Appleは毎年公表しないが、iFixitなどが分解することで判明している。歴代iPhone共通して搭載されているバッテリーサイズは小さい。現にXperia 5と比較してもかなり小さいことを確認することができる。

海外サイトが行ったiPhone XSのバッテリーテストの結果において、72というスコアを獲得している。4K OLED HDR/3000mAhのXperia 1ですら、79のスコアを獲得していることを考えると、iPhone XSの電池持ちはお世辞にもいいとは言えない。同サイトにおいて、Xperia 5のバッテリーテストの結果は公開されていないが、表示解像度/バッテリーサイズ/ディスプレイサイズを考えれば、Xperia 1と同等かそれ以上になると考えることができる。

少なくともiPhone XSよりスコアが悪くなるとは考えにくい。あとはユーザー次第な面もあるが、ワイヤレス充電にはiPhone XSのみが対応している。残念なことにXperia 5はXperia 1に引き続き採用されなかった。

 

カメラを比較してみよう。

次にカメラを比較してみようと思う。

iPhone XS Xperia 5
メインカメラ 12MP+12MP 12MP+12MP+12MP
インカメラ 7MP(HDR) 8MP(HDR)

iPhone XSはXperia 5のように超広角レンズを搭載していない。光学式2倍ズームにデジタル10倍ズームと、望遠レンズも決して強くはない。それでもXperia 5と比較すると、いわゆるボケ撮影における精度や、低照度における撮影において、かなり優れている。

Xperia 5は基本Xperia 1と同じトリプルレンズカメラを搭載している。このことからも歴代Xperiaと比較すれば、低照度における撮影はかなり強化された。それでも不完全だ。一方でiPhone XSで搭載されたスマートHDRの効果は高い。

ちなみにDxOmarkにおいて、Xperia 1のスコアが91。そしてiPhone XS Maxが105のスコアを獲得している。詳細は「2019年カメラで選ぶならGalaxy Note10+が圧倒的おすすめ。Xperia 1も遠く及ばず。」をご覧頂きたい。互いに同じカメラセンサーを搭載していることを考えると、その差は歴然なのかもしれない。

 

どちらを購入するべきか。

今まで比較した内容をまとめると以下のようになる。

iPhone XS Xperia 5
持ちやすさ
生体認証
ディスプレイ
電池持ち ×
カメラ

大きな差があるとすれば、カメラだと思う。カメラを優先するのであれば、iPhone XSをおすすめする。Xperia 5が国内で発売を開始するのは、10月下旬から11月上旬になると判断することができる。その頃には、iPhone XSの後継機種であるiPhone 11 Proが発売を開始していることからも、iPhone XSは安くなっている可能性が高い。

10月以降、電波法の改正で、従来のように大幅な値引きを行うことができない。つまり型落ち品を安く売る方法として考えられるのは、本体価格を安くすることだ。Xperia 5が8万円代になると予測されている中、iPhone XSも同等の価格で購入が可能になるかもしれない。価格が同程度であれば、iPhone XS。iPhone XSの方が高い場合はXperia 5の方をおすすめする。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG