「使用レビュー」Huawei P30 ProとiPhone XS Max。どちらを購入するべきかまとめみた。

長い間。AppleとSamsungがスマートフォン市場を独占してきたが、だが2018年にAppleはついにHuaweiに抜かされた。そしてHuaweiはSamsungを抜かす可能性も十分に考えられる。ただそれはHuaweiがアメリカから経済制裁をされる前の話で、一度離れてしまったユーザーを取り戻すのは大変だ。Appleはこの機会を活かして、iPhone XS/iPhone XS Maxなど一部の機種の増産に踏み切ったとされている。

とはいえ、経済制裁の影響は関係なく、Huaweiが発売している機種は非常に完成度が高い。最新機種であるHuawei P30/Huawei P30 Proも過去最速のペースで売れていることが判明している。さて日本国内では発売が延期の状態となっているHuawei P30 ProとiPhone XS Maxどっりちがおすすめなのか簡単にまとめたいと思う。

 

Huawei P30 Pro/iPhone XS Maxを比較してみる。

個人的には、iPhone XS Maxは2018年の9月以降から。一方でHuawei P30 Proは、SIMフリーモデルが発売を開始した4月に購入して、約1ヶ月程度使用した。僅かな間だったが、実際に自分の意見も含めてiPhone XS MaxとHuawei P30 Proを比較したいと思う。

 

デザインを比較してみよう。

まずデザインから確認したいと思う。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
本体サイズ 157.5 x 77.4 x 7.7 mm 158 x 73.4 x 8.41 mm
重さ 208g 192g

どちらもベゼルが大幅にスリム化されているデザインを採用している。大きな違いとしてはノッチデザインとEdgeスタイルを採用していることだ。まずノッチデザインに関しては、水滴型デザインを採用しているHuawei P30 Proの方が、コンパクトとなっており、ノッチの小型化に大きく貢献している。つまりディスプレイの大型化にも貢献している。

同じディスプレイサイズを搭載しているが、本体サイズを比較すると、Huawei P30 Proの方がより横幅が抑えられている。さらにEdgeスタイルを採用していることからも、Huawei P30 Proの方が圧倒的に持ちやすい。

ただ重さに関しては、正直どちらが軽いとは言いづらい。カタログスペック上ではiPhone XS Maxの方が重い。だからといってHuawei P30 Proが軽いと感じることもない。190gを超えてくる機種は、スペック以上に重く感じると思った方がいい。

 

ディスプレイを比較してみる。

次にディスプレイを比較してみる。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.5インチ
表示解像度 2688×1242(458ppi) 2340×1080(398ppi)

画素密度はiPhone XS Maxの方が上だ。ただ実際に見て比較してみると、iPhone XS Max/Huawei P30 Proでそこまで大きな差があるように感じない。写真を見ている時だけ、若干iPhone XS Maxの方が色合いが深く見える。正直甲乙つけがたい。

やはりディスプレイに関しては、Xperia 1が上半期に発売された機種の中では最強だと思う。詳細は「「レビュー」Xperia 1使って感じるiPhone XS Maxとの違い。どちらの機種がおすすめかまとめてみた。」をご覧頂きたい。

 

生体認証を比較してみる。

次に生体認証を比較したいと思う。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
生体認証 顔/指紋
顔認証 3D 2D

まず認証精度は3Dを採用しているiPhone XS Maxの方が上だ。ただ認証速度は圧倒的にHuawei P30 Proの方が上だ。これは、同じ3D顔認証を搭載していたHuawei Mate20 Proの時も明らかに上だった。もちろんセキュリティの面ではiPhone XS Maxの方が上だが、認証への手間を考えるとHuawei P30 Proの方がストレスなくできる。

また設定次第で、Huawei P30 Proは、顔認証でロックを解除して、そのままホーム画面を開くことができる。一方でiPhone XS Maxは、顔認証をした後に、さらにディスプレイをスワイプする必要性がある。

ユーザー次第だが、多くの人は、1日何度もロックを解除しホーム画面を開く一連の動作を行う。そのため生体認証に時間がかかったり、失敗したりすると明らかにストレスになる。実際に使ってみて、ストレスなく生体認証ができるのはHuawei P30 Proだ。

 

電池持ちを比較してみる。

次にバッテリー関連を比較してみる。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
バッテリーサイズ 3179mAh 4200mAh
バッテリーテスト 79 100
充電速度 18W 40W
ワイヤレス充電速度 7.5W 20W
リバースワイヤレス充電 非対応 対応

バッテリーサイズに大きな違いがあることもあるが、Huawei P30 Proの方が圧倒的に電池持ちがいい。実際に使ってみて思うのは、カタログスペック以上にHuawei P30 Proの方が電池持ちが良く感じる。iPhone XS Maxは待機時間はもちろん、使えば使うほど残量が少なくなるが、Huawei P30 Proはぜんぜん減らない。

さらに対応充電器を用意する必要性があるが、Huawei P30 Proの方が充電速度も2倍以上早い。iPhone XS Maxも歴代iPhoneと比較すれば、充電速度が早くなっているが、やはりHuawei P30 Proと比較するとその差は顕著にでる。

正直Huawei P30 Proと比較してしまうと、iPhone XS Maxは、充電速度が遅く、さらに電池持ちが悪い機種に感じてしまう。

 

カメラを比較してみる。

次にカメラを比較してみる。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
メインカメラ 12MP+12MP 40MP+8MP+20MP+TOF
インカメラ 7MP 32MP
DxOMark 105 112
ズーム(光学式/デジタル) 2倍/10倍 5倍/50倍

まず、Huawei P30 Proでは超広角撮影に対応している。さらにズーム機能の差ももちろん明白だ。流石にデジタルズームで50倍まで拡大してしまうと画質は非常に残念なことになってしまうが。最新機種にはよく搭載されるようになったボケモードだが、Huawei P30 Proの方が被写体をしっかり認識してくれる。よりボケが綺麗に撮影できるのはHuawei P30 Proになる。

ただ画質に関しては、iPhone XS Maxがシーン関係なく、明るく綺麗な写真を撮影することができる。一方でHuawei P30 Proは中華スマホによくある、修正された超綺麗な写真を撮影することができる。なのでインスタ向けの画像を撮影しやすいのはHuawei P30 Proになる。逆に言えば、iPhone XS Maxのように自然な感じの撮影はできない。

そして気になるのは、Huawei P30 Proは、低照度の撮影にめっぽう強い割には、暗い室内や、曇りの日など、中途半端な照度の時の撮影は苦手だ。それこそiPhone XS Maxの方が綺麗に撮影することができる。

 

基本スペックを比較してみる。

そして最後に基礎スペックを確認しようと思う。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
OS iOS12 Android9.0
SoC A12 Binonic Kirin980
RAM 4GB 8GB
ROM 64/256/512GB 128/256/512GB
防水・防塵 IP68
スピーカー ステレオ モノラル

一時期は、Kirin980がA12 Bionicのベンチマークを超えると予測されていたが実際に蓋を開けてみると、残念な結果になっている。またHuawei P30 Proが採用しているEMUI9.0はAndroidベースとなっているが、iOSに似ている面もある。ジェスチャー操作など、iPhoneを今まで使ってきたユーザーでも、Huawei P30 Proで違和感なく使える可能性が高い。

 

iPhone XS Max/Huawei P30 Proどちらがおすすか。

最後に今回確認した内容をまとめると以下のようになる。

  iPhone XS Max Huawei P30 Pro
持ちやすさ
ディスプレイ
電池持ち ×
カメラ(全般)
カメラ(SNS)

実際に選ぶとすれば、カメラをやはり基準にするべきだと思う。ただこれはカタログスペック以上に実際店頭などで試すべきだ。ただ一つ言えるのは、SNSを積極的に使うユーザーは、Huawei P30 Proをオススメする。ただSNSをあまり使わないユーザーであれば、iPhone XS Maxの方が汎用性が高い写真を撮影することができると思う。

気になる方はぜひチェックしてみてほしい。

 

最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG