iPhone XRが失敗したと思うその理由と改めて購入するべきかどうかをまとめてみた。

2017年以降、Appleは新型iPhoneを3モデルずつ発表している。その流れは今年も変わらない。ただ2017年と2018年の大きな違いと言えば、2018年に発表された新型iPhoneの全てがiPhone Xシリーズであることだ。そして正式発表される前から、多くのアナリストが注目を集めていたのが廉価モデルであるiPhone XR。

歴代iPhoneで最も売れたとされているのがiPhone6/iPhone6 Plusだが、iPhone XRでは同シリーズ以来となるスーパーサイクルが発生すると予測されていた。簡単に言えば爆発的なヒットのことだ。だが実際に蓋を開けてみるとどうだろうか。多くのアナリストの予測はハズレた。日本国内でもここまで盛り上がらなかった新型iPhoneの予約/発売はいつ以来だろうか。

また発売を開始して約1ヶ月後には、ホリデーシーズンを名目に、Appleはドコモへ販売補助金を出すことで大幅な割引が開始した。新型iPhoneはほっといても売れる。むしろ在庫不足になる。だからこそ値引きするなんて異常事態だ。ただ機種別に見たとき、実感はないと思うが2018年で最も売れたiPhoneがiPhone XRであることが判明している。少なくともアメリカだと地味に売れているようだ。

さて、多くのアナリストの予測を裏切り、売れたとは決して言えないiPhone XRがなぜ失敗をしたのか簡単にまとめたいと思う。



iPhone XRが失敗した理由。

iPhone 5cの時は単発で終わったことからも、iPhone XRも単発で終わるかと思いきや、先日までの情報では、今年はiPhone XRの後継機種がiPhone XI/iPhone XI Maxと同時に発表されると予測されている。詳細は「今年こそ本命候補に。iPhone XR2のデザイン/スペック/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」をご覧頂きたい。少なくともAppleは、今後も継続していく可能性が高いと判断することができる。

iPhone XRの後継機種が発表されれば、iPhone XRは間違いなく在庫処分の叩き売りが開始すると判断することができる。では改めてiPhone XRの失敗した理由と、今後購入するべきかを確認していきたいと思う。

 

本体サイズが原因。

上記の画像は、同時期に発表されたiPhone XSとiPhone XRだ。まず本体サイズを簡単にまとめると以下のようになる。

本体サイズ 重さ
iPhone XS 143.6 x 70.9 x 7.7 mm 177g
iPhone XR 150.9 x 75.7 x 8.3 mm 194g
iPhone XS Max 157.5 x 77.4 x 7.7 mm 208g

ディスプレイサイズを含めて考えても、iPhone XRはiPhone XSとiPhone XS Maxのちょうど中間だ。ただこの3機種の中で最も分厚い。正式発表される前からずっと思っていたのだが、このiPhone XRのサイズは、一体どんなユーザーのニーズを満たすのために採用したのか残念ながら見えてこない。iPhone XS Maxは従来でいうPlusモデルに該当する大きさだ。

iPhone Xの時に大型モデルがなかったことを考えると、よりユーザーのニーズを満たすために、iPhone XSシリーズで大型モデルを追加するのは容易に想像がつく。けどiPhone XRは小さくもなければ、大きくもない。近年いくらベゼルレスデザインを採用しているとはいえ、スマートフォンは大型化が進んでいる。だからこそ、逆に小型モデルにニーズが集まっている。

その中で、iPhone XRは小さくもない。そして6.1インチというディスプレイサイズは、一番ありふれているディスプレイサイズだ。少なくともiPhoneを購入するユーザーは、iPhoneにありふれたものを求めていない。

 

電池持ちが原因。

iPhone XRは2018年に発表された機種の中で唯一液晶を採用している。とはいえ、昔からiPhoneのディスプレイには定評があり、不満に感じたユーザーは少ないだろう。だからこそ、iPhone XRにおいても、そのディスプレイへの不満の声はあまり聞かない。聞くとしたら、液晶が採用されているからこそ、iPhone XS/iPhone XS Maxと比較して、ベゼルが太いことではないだろうか。

Appleは液晶を採用したことで、iPhone XRはiPhone史上で最も電池持ちがいいとアピールした。確かに普通に考えれば有機ELディスプレイを搭載している機種よりは電池持ちがいいことが多い。では海外サイトが行なったバッテリーテストの結果と、バッテリー容量を比較すると以下のようになる。

バッテリー容量 バッテリーテスト
iPhone XS 2659mAh 72H
iPhone XR 2942mAh 78H
iPhone XS Max 3179mAh 79H

本体サイズが一番小さいiPhone XSが搭載しているバッテリー容量も小さく、逆に一番大きいiPhone XS Maxが最も大きいバッテリー容量となっており、スコアも一番いい。iPhone Xシリーズ以降、有機ELディスプレイを採用したことが影響している可能性が高いが、世代を重ねるごとに電池持ちが悪化している。その中で、液晶を搭載しAppleが電池持ちが最もいいとアピールしたiPhone XRのバッテリーテストの結果は良くない。

むしろ液晶を採用している機種として考えれば、iPhone XS/iPhone XS Maxと比較して消費電力効率が悪いと判断することができる。つまり電池持ちにおいてもぱっとしないのだ。

 

本体価格が原因。

iPhone 5cの時に、ユーザーはiPhoneに廉価モデルを求めていない。だからこそ失敗したと言われている。その当時iPhone 5とiPhone 5cが併売されていたが、スペックの差があまりにも激しく、本体価格が安い以上に特徴はなく、それこそポップなカラーを採用しただけだ。Appleはその反省点を活かして、iPhone XRのスペックをできるだけ共通化している。簡単に比較すると以下のようになる。

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR
OS iOS12
SoC A12 Bionic
RAM 4GB 3GB
ROM 64/256/512GB 64/128/256GB
メインカメラ 12MP+12MP 12MP
インカメラ 7MP
生体認証 Face ID
防水/防塵 IP68 IP67
ワイヤレス充電 対応

iPhone XS/iPhone XS Maxと区別するためにも。そしてiPhone XRの原価コストを下げるためにも、iPhone XRは一部異なるが、多くの部分でスペックが共通化されていることを確認することができる。もちろんディスプレイが液晶を採用していることや、カメラがシングルレンズカメラを搭載しているなど、スペックに大きな差があるのも事実だ。

ただ例えば、カメラに関しては、カメラの有名な評価サイトであるDxOMarkにおいて、iPhone XRは101のスコア。iPhone XS Maxが105のスコアを獲得していることを考えると、如実にその差があるわけではない。ポートレートのエフェクトや、ズーム機能に差があるのも事実だが。つまり、削れるところは削っているが、極端な差にはなっていない。その上でiPhone XRとiPhone XSの価格をまとめると以下のようになる。

Apple iPhone XR iPhone XS iPhone XS Max
64GB 8万4800円 11万2800円 12万4800円
128GB 9万800円
256GB 10万1800円 12万9800円 14万1800円
512GB 15万2800円 16万4800円

iPhone XRを起点として考えた場合、iPhone XSとの価格差は2万8000円。iPhone XS Maxと比較すると4万円の価格差があることを確認することができる。確かにiPhone XS/iPhone XS Maxと比較すると、その価格は安く感じてしまう。ただ冷静に考えてほしい。iPhone XS/iPhone XS Maxが高すぎるのだ。いまどきROMが64GBで12万円を超える機種はほぼ存在しない。

そしてiPhone XR自体も、液晶を搭載し、さらにRAM3GB/ROM64GBにシングルレンズカメラで税込9万円と、Androidでここまでコスパが悪い機種もなかなか存在しない。つまりiPhoneの中で比較すれば安いが、スマホ全体で見れば、コスパがかなり悪い部類に入ると考えることができる。

 

iPhone XRを購入するべきか。

先述したが、iPhone XRの立ち位置は廉価モデルだ。しかしながら、本体サイズに電池持ち、そして本体価格の全てが中途半端だ。そして日本国内においては、iPhone XRより2017年に発売を開始したiPhone 8のほうが圧倒的に売れている。ただこれは、iPhone XRだけの話ではなく、スマートフォン部門でいまだに週間ランキングで1位を獲得しており、Androidを含めて、iPhone8に太刀打ちができない状態となっている。

一応iPhone8とiPhone XRを比較したいと思う。まず上記の画像から確認できるように、その大きさの違いは明白だ。次にスペックをまとめると以下のようになる。

iPhone 8 iPhone XR
ディスプレイ 液晶
ディスプレイサイズ 4.7インチ 6.1インチ
OS iOS12
SoC A11 Bionic A12 Bionic
RAM 2GB 3GB
ROM 64/256GB 64/128/256GB
メインカメラ 12MP
インカメラ 7MP
バッテリー 1821mAh 2942mAh
ワイヤレス充電 対応
生体認証 Touch ID Face ID
防水/防塵 IP67

発売時期が1年異なるため、もちろんiPhone XRのほうがスペックは優秀だ。でも共通の部分も確認することができる。ちなみに電池持ちに関しては、バッテリー容量の差が激しすぎる面もあるが、iPhone 8のバッテリーテストの結果は66Hとなっている。流石にiPhone XRの方が上だ。ただiPhone 8のほうが安く、さらに本体サイズがコンパクトであることを考えると、iPhone 8が併売されている間は、iPhone 8が売れるのも納得できる。

iPhone XRとiPhone 8で悩むのであれば、iPhone8をお勧めする。そしてiPhone 8とiPhone XRで購入を悩むユーザーには、iPhone XS Maxはオススメしない。そして、iPhone XRにスペック的にも価格的にも分かりやすいと特徴がない以上、iPhone XRとiPhone XSであれば、iPhone XSをおすすめする。仮に24回の分割払いで購入したとしても、月1200円の差しかない。だとすれば、よりコンパクトでよりハイスペックなiPhone XSを選択するべきだ。

そしてiPhone XRは今最も購入するべきではない。もし興味があるのであれば、後継機種が発表される9月まで待とう。ほぼ確実に値引き販売になる。今回はiPhone XRが失敗した理由と、購入するべきかどうかを簡単にまとめてみた。少なくともiPhone XRを購入するのであれば、より安いiPhone 8か、よりハイスペックなiPhone XSをおすすめする。

via Apple/Phone Arena



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG