購入する価値がある。iPhone 11/iPhone 11 Proはリバースワイヤレス充電を搭載。

先日よりいよいよ予約を開始したiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、その中でも圧倒的にコスパがいいのはiPhone 11だ。前モデルであるiPhone XRは価格にしろ、スペックにしろかなり中途半端になったことで、あまり売れなかったが、iPhone 11はかなり魅力的な1台に仕上がったと判断することができる。詳細は「何が進化した?iPhone 11・iPhone 11 Pro/iPhone XR・iPhone XSのスペック/デザイン比較まとめ。」をご覧頂きたい。

Appleオンラインストアを確認する限りは、昨年と同様にゆっくりとした出だしになった予約状況だが、iPhone 11ではパープル/グリーンが。iPhone11 Proシリーズではグリーンに人気が集中しているようだ。詳細は「一括購入ならAppleがおすすめ。iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max在庫状況まとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回リーカーとして定評のあるSonny Dickson氏が、自身のTwitterにおいて、iPhone 11/iPhone 11 Proシリーズはリバースワイヤレス充電に対応していることが判明したとTweetしているので簡単にまとめたいと思う。



リバースワイヤレス充電に対応。

事前情報においては、iPhone 11/iPhone 11 Proシリーズの大きな特徴の一つがリバースワイヤレス充電に対応することだと予測されており、さらにApple関連の情報に精通しているアナリストMing Chi-Kuo氏は、次期iPhoneが大型バッテリーを搭載する理由は、リバースワイヤレス充電に対応するためだとまで予測されていたことからも、搭載は確実視されていた。ただ実際にはAppleの発表イベントにおいて言及されることはなかった。

しかしSonny Dickson氏は自身のTwitterにおいて以下のようにTweetしている。

Reliable sources are saying iPhone 11 and 11 Pro do include the hardware for bilateral charging, but that it is software disabled. Uncertain whether this was removed prior to final production run.

今回のTweetによると、事前情報通りリバースワイヤレス充電は搭載されている。ただソフトで制御されている可能性が高く、実際に使うことはできないとしている。つまりハード的にはリバースワイヤレス充電に対応していることになる。

このことからも、いずれiOSのアップデートによって解放される可能性があると判断することができる。

 

Apple WatchやAir Podsを充電可能に。

リバースワイヤレス充電が使えるようになれば、ワイヤレス充電(Qi)に対応したApple WatchやAir Podsなどを充電することが可能になる。

Air Podsが電池持ちがかなりいいためそこまで充電する機会に遭遇することはなさそうだが、緊急の場合に充電することが可能で、さらに電池持ちに不安が残るApple Watchにはもってこいの機能になる。ちなみに一部情報によれば、iPhoneがリバースワイヤレス充電に対応した場合、その充電速度は5W程度になると予測されている。

普段充電する上では、十分な充電速度とは言えないが、緊急時に充電ができると考えれば、十分な充電速度であると考えることができる。

iPhone 11シリーズが正式発表される前、リバースワイヤレス充電が見送られた理由として、Appleが求める品質を実現することができなかったのが主な理由だとされている。このAppleが求めているのは、充電範囲なのか充電速度なのか。充電の安定性なのか非常にきになるところだ。続報に期待しよう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG