初期在庫の確保を失敗した方へ。EtorenでSIMフリーiPhone 11/iPhone 11 Proの購入もおすすめ。

日本を含め世界の一部地域を対象にいよいよ販売が開始したiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、Appleオンラインストア。そしてDoCoMoやauのオンラインショップでも在庫状況が不安定となっている。詳細は「iPhone 11/iPhone 11 Pro DoCoMoオンラインショップ当日在庫あり。ただiPhone 11 Pro Maxは絶望的。」をご覧頂きたい。

また先日の情報からも、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxに採用されたトリプルレンズカメラのデザインが、タピオカやボトムズデザインと揶揄されているが、なぜそのデザインを採用したのか明らかになっている。詳細は「奇抜。AppleがiPhone 11 Proにあのカメラデザインを採用した理由が判明。」をご覧頂きたい。

さて今回Etorenにおいて、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの一部モデルの出荷が開始したので簡単にまとめたいと思う。

iPhone 11のラインナップ。

まず同サイトが扱っているiPhone 11のラインナップをまとめると以下のようになる。

ラインナップ 容量構成 本体価格 国内版SIMフリー(10%)
iPhone 11(eSIM) 64GB 10万400円 8万784円(8万2280円)
128GB 10万6500円 8万6184円(8万7780円)
256GB 12万1300円 9万8064円(9万9800円)
iPhone 11(Dual) 64GB 10万600円
128GB 10万7200円
256GB 12万700円

Etorenにおいては、6色全部の扱いがある。ただカラバリによって人気に差があるため、本体価格もばらつきがある。やはり人気が高いグリーンやパープルは価格が高い。またeSIMモデルとDual SIMモデルの2種類が存在している。

eSIMモデルが日本で発売されているiPhone 11と同じになる。一方でDual SIMモデルに関しては、中国限定発売モデルであり、AndroidのようにSIMカードを入れることが可能となっている。

ちなみに先日の情報からも、iPhone 11シリーズはiPhone XR/iPhone XS Maxと同様にDSDSに対応していることが判明している。詳細は「iPhone 11 ProにもDual SIMモデルが存在。けどDSDSに対応か。さらにExpansysで早くも予約が開始に。」をご覧頂きたい。

Dual SIMモデルでは日本で扱いがないため、eSIMモデル同士の比較となるが、各容量それぞれ、2万円程度Etorenの方が高い。ただ正直なところ、海外版SIMフリーを購入するのであれば、せっかくなのでDual SIMモデルを購入した方が汎用性が高いように感じる。

iPhone 11 Pro Maxのラインナップ。

次にiPhone 11 Proのラインナップをまとめると以下のようになる。

ラインナップ 容量構成 本体価格 国内版SIMフリー(10%)
iPhone 11 Pro(eSIM) 64GB 14万2800円 11万5344円(11万7480円)
256GB 16万3600円 13万2624円(13万5080円)
512GB 19万円 15万6384円(15万9280円)
iPhone 11 Pro(Dual) 64GB 14万8500円
256GB 16万7800円
512GB 20万500円

4色全ての扱いがある。カラバリによって価格差があるため、最も安い価格を記載している。iPhone 11と比較するとiPhone 11 Proの方が価格差が大きく、約3万円になる。特に512GBに関しては、国内版SIMフリーが約16万円なのに対して、海外版SIMフリーは19万円と、ほぼ20万円になる。正直かなり高い。

iPhone 11 Pro Maxのラインナップ。

そして最後にiPhone 11 Pro Maxの価格をまとめると以下のようになる。

ラインナップ 容量構成 本体価格 国内版SIMフリー(10%)
iPhone 11 Pro(eSIM) 64GB 12万9384円(13万1780円)
256GB 14万6664円(14万9380円)
512GB 20万3000円 17万424円(17万3580円)
iPhone 11 Pro(Dual) 64GB 16万3400円
256GB 18万1200円
512GB 21万900円

4色全ての扱いがある。512GBモデルに関しては、いよいよ20万円を超えている。これはかなり高い。ただ国内版SIMフリーと比較した場合、価格差はiPhone 11 Proの時と同じく3万円だ。iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの比較すると、その価格差が1万円程度であることからも、iPhone 11 Pro Maxの方がコスパが良く見えてしまう。ちなみにEtorenで購入する場合、この本体価格に、消費税や関税が加算されることはない。送料約2000円が加算されることになる。

同サイトで在庫があるモデルのみが9月23日より出荷を開始する。おそらくDHLで出荷される可能性が高いことからも、9月下旬までには届く可能性が高い。

Etorenで購入するメリット。

最後にEtorenで購入するメリットについてだが、簡単にまとめると以下のようになる。

Etorenで購入するメリット
爆音シャッターを消音化することができる。
Dual SIMモデルを購入することができる。

まず日本国内で発売される機種に関しては、マナーモードにしようとしなからろうと、カメラのシャッター音を消すことができない。一方で海外版のSIMフリーは、音量ボタンに連動している場合が多いので、マナーモードにすれば、カメラのシャッター音も消音化することができる。

iPhoneのシャッター音はステレオスピーカーを搭載以降、爆音だ。公共の場で撮影する場合、気にするユーザーも多いだろう。だからこそ、無音カメラなどの需要があるわけだが。ただEtorenで販売しているモデルはわざわざ無音カメラなどのアプリを使わなくても、シャッター音を消音化することができる。

そして最もニーズがあるのは、やはりDual SIMに対応していることだろう。ただ先述したがDSDVではなくDSDSに対応しているので注意が必要だ。もしiPhone 11シリーズの予約に失敗し、少しでも早くほしいユーザーにとっては、Etorenなどで購入することをおすすめする。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG