iPhone 11 ProにもDual SIMモデルが存在。けどDSDSに対応か。さらにExpansysで早くも予約が開始に。

日本時間の本日未明にAppleがイベントを開催し、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxを正式に発表した。ちなみにiPhone XR/iPhone XS シリーズと比較してどう進化したのかについては「何が進化した?iPhone 11・iPhone 11 Pro/iPhone XR・iPhone XSのスペック/デザイン比較まとめ。」をご覧頂きたい。

さて今回iPhone XSの時とは異なり、iPhone 11 ProにもDual SIMモデルが存在していること。そしてExpansysにおいてiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの予約が開始したことが判明したので簡単にまとめたいと思う。



Dual SIMモデルが存在に。

昨年開催されたイベントにおいて、Appleは、グローバルモデルに関してはeSIMに対応したことを大々的にアピールし、さらに中国限定モデルに関しては、iPhone XRとiPhone XS MaxがiPhone初となるDual SIMに対応したことをアピールした。

そして今回iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3モデル全てがDual SIMに対応していることが判明している。ちなみにApple中国のホームページを確認するとそれぞれの対応バンドは以下のようになっている。

中国モデル 対応バンド
iPhone 11(A2223)
  • FDD-LTE (1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 29, 30, 66, 71)
  • TD-LTE 34, 38, 39, 40, 41, 42, 46, 48)
  • TD-SCDMA 1900 (F), 2000 (A)
  • CDMA EV-DO Rev. A (800, 1900 MHz)
  • UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)
  • GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
iPhone 11 Pro(A2217)
  • FDD-LTE 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 29, 30, 66, 71)
  • TD-LTE (34, 38, 39, 40, 41, 42, 46, 48)
  • TD-SCDMA 1900 (F), 2000 (A)
  • CDMA EV-DO Rev. A (800, 1900 MHz)
  • UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)
  • GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
iPhone 11 Pro(A2220)

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxにはモデル番号が2種類存在している。ただこの2モデルとも同じ対応バンドとなっている。

 

DSDVではなくDSDSに対応している可能性。

個人的に気になっていたのが、DSDSからDSDVに対応しているかだった。実際にホームページを比較してみると、以下のように記載されている。

双卡双待。可在设置中选择数据和语音 SIM 卡。使用双卡要求使用两项移动通信服务 (可能包括关于漫游的限制规定)。不支持同时使用两项 CDMA 移动通信服务。仅部分运营商支持双 VoLTE。需遵守特定的限制条件。如需进一步了解,请访问

ちなみにiPhone  XRのページを確認する限り、上記と同じ記載になっている。つまりiPhone 11 シリーズであっても、DSDVではなくDSDVに対応していると判断することができる。

 

Expansysで早くも予約開始に。

上記の画像は執筆時点でのExpansysにおけるiPhone 11 Proの製品ページになる。ちなみにiPhone11 Proは4色。そしてiPhone 11 Pro Maxも同様に4色扱っており、さらに64/256/512GBを扱っている。ただiPhone 11に関しては予約を受け付けていない。

また執筆時点では、本体価格は未定だ。少なくともiPhone 11 Pro Max/256GBであれば、18万円と非常に高価になる可能性が高い。512GBであればおそらく20万円を超えると判断することができる。ちなみに10月1日より前に予約をすれば、2100円引きになる。中国での発売日は日本と同じく9月20日だが、Expansysに関しては多少入荷が遅れるのかもしれない。

とはいえ、Dual SIM仕様で、かつ爆音のシャッターもならない。さらにSuicaも普通に使える。このことを考えると非常に魅力的な選択肢だと思う。今後の動向に要注目だ。

待ち時間・購入手数料不要。オンラインショップがおすすめ。

↓ドコモオンラインショップでこの購入はこちらで。

↓auオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SoftBankオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SIMフリーの購入はこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG