Androidとの比較。iPhone 11が時代遅れとされる5つの理由。

一部グローバル市場において、9月20日より発売を開始するiPhone 11シリーズだが、昨年と異なり3モデルとも同時に発売を開始する。昨年発売を開始したiPhone XR/iPhone XS/iPhone XS Maxとの違いは「何が進化した?iPhone 11・iPhone 11 Pro/iPhone XR・iPhone XSのスペック/デザイン比較まとめ。」をご覧頂きたい。

すでにAppleオンラインストアやDoCoMo含めた大手キャリアから予約を開始しているiPhone 11シリーズだが、日本市場においてはAppleオンラインストアでSIMフリーが直販されていることからも、あまり需要がないかもしれないが、ExpansysなどではDual SIM仕様のSIMフリーも予約が開始している。詳細は「iPhone 11 ProにもDual SIMモデルが存在。けどDSDSに対応か。さらにExpansysで早くも予約が開始に。」をご覧頂きたい。

さて今回GizChinaが、まもなく発売を開始するiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxが時代遅れだと思う5つの理由をまとめているので簡単にまとめたいと思う。



洗練さを感じないノッチデザイン。

さて今回、市場アナリストであるYurica Odujmovich氏が、発表されたiPhone 11シリーズがAndroidと比較してコスパが悪く時代遅れだと思う5つの理由を発表している。まず一つ目の理由としては、そのディスプレイだ。iPhone Xで初めて採用されたノッチデザイン。一部情報では2019年に登場するiPhoneでノッチが小型化されると予測されていたが、実際にはFace IDこそ改良されたが、ノッチデザインは改善されなかった。

一部情報では2020年に登場する次期iPhoneでノッチが小型化されると予測されている。詳細は「ノッチが小型化に?True Depth Cameraがディスプレイに統合へ。」をご覧頂きたい。少なくともGalaxy S10シリーズに採用されているパンチホールやHuawei P30 Proに採用されているウォータードロップは採用しないとは思うが、現状ではノッチ部分が目障りだと言われても仕方ないのかもしれない。

 

カメラの物足りなさ。

2つ目の理由として、カメラに問題があるとしている、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro MaxではiPhone初となるトリプルレンズカメラを搭載した。さらにAppleの発表からも光学式4倍ズームに対応としているが、Huawei P30 Proは光学式5倍ズームにデジタル50倍ズームに対応していることからも、物足りなさを感じるとしている。

またインカメラに関してもiPhone 11シリーズは1200万画素に対応したが、Huawei P30 Proは3200万画素に対応していることからも大きくスペック上では劣っている。ただ個人的には、Huawei P30 ProにはDeep Fusion機能もなければ、Quick Takeの様な機能もない。さらにHuawei P30 Proはカメラ機能が全ての中心となっており、逆言えば、それ以外のスペックはお粗末だ。簡単に言えばバランスが悪い。

カメラに特化した機種とiPhone 11 Proのカメラを比較するのは酷に感じてしまう。そもそもデジタル50倍ズームなんて、あまり利用シーンが思い浮かばない。それこそ犯罪の助長につながりそうで怖い。

 

最大18Wの急速充電。

3つ目の理由としては、急速充電が最大18Wにしか対応していないことを挙げている。Galaxy Note10+が最大45Wに対応しており、確かに比較すれば物足りなさを感じる。とはいえ、Galaxy Note10+でも付属充電器は25Wとなっており、先日の充電速度テストの結果からも、最大25Wの充電器でも1時間ちょっとで充電することが可能となっている。詳細は「45Wの充電器を購入する必要性はない。Galaxy Note10+の25W/45Wの充電速度テストの結果が公開に。」をご覧頂きたい。

またGalaxy Note10+を最大45Wの充電速度で充電するには、別途Samsung純正の充電器を購入する必要性がある。つまり汎用性が低く、投資効果も低いと判断することができる。このことからも、18Wは確かにちょっと物足りなさを感じるが、Androidの様に40Wや50W以上の充電速度に対応している必要性はそこまでないと判断することができる。

 

Androidと比較して欠けている機能。

そして4つ目の理由としてiPhone 11シリーズはAndroidと比較して以下の機能が欠如していることを指摘している。

Androidと比較して欠如している機能
イヤホンジャックが搭載されていない。
SDカードスロットに対応していない。
リフレッシュレートが90Hz以上に対応していない。
リバースワイヤレス充電に対応していない。

まず突っ込みたくなるのだが、イヤホンジャックに関しては、Galaxy Note10+やHuawei P30 ProやXperia 1などハイエンドモデルの多くは搭載していない。このことからもiPhone 11 シリーズがイヤホンジャックを搭載していないことで、時代遅れとなっているのは間違いの様に感じる。

リフレッシュレートは確かに物足りなさを感じる。先日の発表イベントにおいても、Apple Arcadeを大々的にアピールしていたことからも、ぜひ高リフレッシュレートに対応したゲームをしてみたかったと思う。とはいえ、日常使う上では、60Hzだろうが60Hzだろうがそこまで差を実感することはできない。

むしろ90Hzに対応したGalaxy Note10+はUIのバグのせいで、動きがガタツク。このことを考えると、リフレッシュレートより快適なOSの方が重要だろう。

 

イノベーションを感じることができない。

そして最後にAppleが以前のような技術革新のリーダーとなりたいのであれば、特定の機能にコミットするのではなく、トレンドを重要視する必要性があるとしている。そして本体価格を引き下げる必要性があるとしている。

ただトレンドを重要視、コスパを改善されることに特化するのであれば、Androidと同一の存在になってしまうためこの意見には賛同できない。それこそトレンドを重視してしまったら、有象無象のAndroidを同じくなり、それこそAppleのブランドが崩壊してしまう。

正直Yurica Odujmovich氏の意見は極端であると思う。もちろんAndroidにあってiPhoneにない機能もあれば、iPhoneにあってAndroidにない機能がある。だからこそ、それぞれの機種に魅力が出ると思う。そしてiPhoneが技術革新のリーダーを目指していないことは今に始まったことではない。それこそ既存の技術のユーザビリティをいかに改善するか。最新技術より優先しているように思う。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG