一括購入ならAppleがおすすめ。iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max在庫状況まとめ。

先日より予約を開始したiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、日本市場に限っては、増税を控えていることからも、早めに予約をした方が良さそうだ。詳細は「今年は例外。iPhone 11/Pro/Pro MaxをDoCoMo/au/SoftBankで購入するなら早期予約が必要な理由」をご覧頂きたい。

かなり完成度が高いと言えるiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、もちろん物足りない面もある。特にストレージはAndroidと比較するとコスパが悪すぎる。詳細は「購入する前に要確認。Appleが隠したいiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのデメリット。」をご覧頂きたい。さて今回いよいよ予約を開始したiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、Apple Storeにおける在庫状況をまとめたいと思う。



iPhone 11の在庫状況。

さてまずは、コスパがかなり改善したiPhone 11の在庫状況をまとめると以下のようになる。またまとめる上で、在庫あり「○」1〜2週間待ち「△」それ以上を「×」にする。

iPhone 11 64GB 128GB 256GB
ホワイト
ブラック
グリーン ×
イエロー
パープル
レッド

あくまでも執筆時点での在庫状況ではあるが、在庫が不安定となっているのは、新色のグリーン/パープルのみとなっている。ただ昨年iPhone XRの予約が開始した時も、初動は非常に悪く、発売日前日までには全てのモデルが在庫なしとなった。このことからも、今後徐々に在庫状況が悪化する可能性が高いと考えることができる。

今回発表されたシリーズの中で、iPhone 11が最もコスパがいい。このことからも、かなり人気が集中するかと思いきや、現時点ではそのような印象を受けない。

 

iPhone 11 Proシリーズの在庫状況。

次にiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの在庫状況をまとめると以下のようになる。

iPhone 11 Pro 64GB 256GB 512GB
スペースグレー ×
シルバー ×
ミッドナイトグリーン × ×
ゴールド

 

iPhone 11 Pro Max 64GB 256GB 512GB
スペースグレー
シルバー
ミッドナイトグリーン
ゴールド

執筆時点で確認すると、iPhone 11 Proのミッドナイトグリーンが人気であることを確認することができる。ただそれ以外の機種はそこまで在庫状況が悪くはない。ちょっと意外だったのは、ゴールドがあまり人気がないことだ。アメリカなどグローバル市場においては、世代を重ねるごとに大型モデルのニーズが増していたが、やはり日本市場ではそこまで大型モデルのニーズがないことを確認することができる。

 

キャリアモデルは不明。

すでにDoCoMo/au/SoftBankにおいてもiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの予約が開始している。ただオンラインショップにおいては、その入荷時期などを確認することができない。ただAppleストアを含めて、比較的今年は予約しやすかったと感じる。特にApple Storeに関しては拍子抜けする程呆気なく繋がり、すぐに購入することができた。

一方で自分の場合は、DoCoMoオンラインショップで予約をしたが、昨年は予約完了するのに20分程度要したが、今年は5分程度で完了した。単純にキャリアがサーバーを強化したのか、それとも予約をする人が少なくなかったのか判然としない。ただiPhoneが高価格化するほど、そのニーズは年々落ちているように感じる。

いくらiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxが2018年モデルと比較して安くなったとしても、結局増税後に購入すると、安くなった分は増税によって相殺されてしまう。だからこそ気になるユーザーは早めに購入することをおすすめする。

待ち時間・購入手数料不要。オンラインショップがおすすめ。

↓ドコモオンラインショップでこの購入はこちらで。

↓auオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SoftBankオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SIMフリーの購入はこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG