購入する前に要確認。Appleが隠したいiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのデメリット。

先日にはAppleがイベントを開催し、カメラが大幅に強化されたiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3機種を正式に発表した。詳細は「何が進化した?iPhone 11・iPhone 11 Pro/iPhone XR・iPhone XSのスペック/デザイン比較まとめ。」をご覧頂きたい。

為替の影響か、それともストレージの原価コストが反映されたのか判然としないが、2018年モデルと比較すると本体価格は5000円程度安くなっている。とはいえ、Apple関連の情報に精通しているMing Chi-Kuo氏が予測している通り、目立った特徴がないことからも、その販売台数は不振と呼ばれた昨年と同等になると予測されている。詳細は「iPhone 8/iPhone XSの値引き販売は期待できず。さらにiPhone 11/iPhone 11 Proの生産台数を最初から制限に。」をご覧頂きたい。

さて今回iPhoneとして初となるProを冠したiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxだが、Appleが隠したいことについて簡単にまとめたいと思う。



本体が重すぎる問題。

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxは昨年のiPhone XS/iPhone XS Maxと異なり、バックパネルにマットガラスを採用している。Apple曰く史上最高の耐久性が実現したとしている。また磨りガラスのような質感であることからも、指紋が目立ちにくいというメリットもある。ただこのマットガラスを採用したことが大きく影響しているのか本体が前モデルと比較してかなり重い。

機種名 ディスプレイ 重さ
Xperia XZ2 Compact 5.0 168g
iPhone 11 Pro 5.8インチ 188g
Xperia 5 6.1インチ 167g
Galaxy Note10 6.3インチ 167g
Xperia XZ2 5.7インチ 198g
iPhone 11 Pro Max 6.5インチ 226g
Xperia 1 6.5インチ 178g
Galaxy Note10+ 6.8インチ 196g
Xperia XZ2 premium 5.8インチ 236g

簡単にコンパクトモデルと大型モデルで比較してみた。iPhone 11 Proに関して、ディスプレイサイズが小さい割には、圧倒的に重い。またiPhone 11 Pro Maxに関してはディスプレイサイズが普通なのにかなり重い。

だいたいスペックを見ていると、160g前後が軽い機種扱いになり、190g前後が重い機種扱いになる。さらに2018年に登場した機種の中でも圧倒的に分厚く、重いと批判されたXperia XZ2シリーズと比較してみると、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの重さは大して差がないように感じてしまう。まだ発表されて間もないということもあるがなぜ批判されないのか不思議だ。

もちろん、ステンレススチールにガラスを採用していれば、本体は必然的に重くなる。その中で、競合他社はいかに薄く軽くするかで悩んでいるなかAppleは逆の路線にいっている。少なくとも重さだけ見れば、かなりのデメリットであると判断することができる。

 

DSDVではなくDSDS。

iPhone XR/iPhone XS/iPhone XS MaxでeSIMを搭載したことで、初のDual SIMモデルとなった。また中国地域限定で発売されたiPhone XR/iPhone XS Maxに限っては、Androidを同じくSIMカードを2枚入れることが可能なDual SIMに対応している。多くのユーザーはDual SIMに対応したことで喜んだが、一つ問題があった。それはDSDSであったことだ。

一方でiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのスペックを確認すると、昨年同様にeSIMモデルとDual SIMモデルが存在している。そしてDual SIMモデルは相変わらずDSDSであることが判明している。詳細は「iPhone 11 ProにもDual SIMモデルが存在。けどDSDSに対応か。さらにExpansysで早くも予約が開始に。」をご覧頂きたい。

ちなみにDSDSはAndroidで見れば、エントリーモデルもしくはミドルレンジモデルが対応している。一方でハイエンドモデルの多くはDSDVに対応している。このことを考えると、せめてiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxは10万円を超える価格設定かつ、Proの名を冠している以上DSDVに対応して欲しかったところだ。

 

なぜ64GBをラインナップに?

昨年と異なり、iPhone 11を標準モデルに。そしてiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro MaxをProモデル。つまりプレミアムモデル扱いとしている。なぜProの名を冠しながらもストレージに64GBをラインナップしたのか判然としない。逆に言えば、ストレージが64GBでもいいと思うユーザーは、iPhone 11を選択する可能性が高い。となるとどちらにせよ高いことからも、事前情報通りに、ベースモデルでは128GBを採用するべきだったと思う。

トリプルレンズカメラを搭載し、さらにインカメラでは4Kで撮影することが可能になった。カメラの進化をアピールしているからこそ、ユーザーには積極的にカメラを使って欲しいということだ。だからこそストレージを強化するべきだった。

同じプレミアム仕様のAndroidでは、ストレージに64GBを採用している機種はなかなか見ない。それこそGoogle Pixel 3とGoogle Pixel 3 XLくらいだろうか。ストレージだけで判断するべきではないが、ストレージ64GBで足りるユーザーにとっては、iPhone 11 Proシリーズはオーバースペックだ。つまりAppleは256/512GBのどちらかを購入してくださいとのメッセージが込められているようにも感じてしまう。

今回は意外と知られていないiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro MaxにおいてAppleが隠したいことを簡単にまとめてみた。何かしらの参考になれば幸いだ。

待ち時間・購入手数料不要。オンラインショップがおすすめ。

↓ドコモオンラインショップでこの購入はこちらで。

↓auオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SoftBankオンラインショップでの購入はこちらで。

↓SIMフリーの購入はこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG