ある意味サプライズに。iPhone XI/iPhone XI MaxはApple Pencilをサポートする可能性。

いよいよ後1ヶ月程度で正式発表になるiPhone XI/iPhone XI Maxだが、デザインに大きな変更はないが、スペックにおいてはiPhone初となるトリプルレンズカメラを搭載すると予測されている。詳細は「iPhone XI/iPhone XI Maxのスペック/デザイン/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」をご覧頂きたい。

またカメラに関しては、その詳細は判然としないが、新たにナイトモードや水中モードにスローモーション撮影などに対応するなど、新機能がかなり追加される可能性が高いと予測されている。詳細は「カメラの進化は目まぐるしい。iPhone XI/iPhone XI Maxのカメラは広角/スーパースローモーション撮影に対応。をご覧頂きたい。

さて今回AppleInsiderによると、2019年に登場するiPhone XI/iPhone XI MaxはApple Pencilに対応する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



Apple Pencilに対応する可能性。

今回Citi Researchの投資家向けのレポートからも、2019年に登場する次期iPhone XI/iPhone XI MaxはApple Pencilに対応する可能性が高いとしている。少なくともCiti Researchは以前より、次期iPhoneがApple Pencilに対応すると繰り返しレポートで報告している。

2018年においては、iPhone XS/iPhone XS MaxがApple Pencilに対応する可能性が高いと、2度レポートを通して報告しており、2017年のレポートにおいては、Appleのエンジニアが開発に着手しており、2019年に登場する次期iPhoneでApple Pencilに対応させる可能性が高いと報告していた。そして今回また同様の報告をしている。

つまりCiti Researchは今回含めて4回目の報告となる。ただ過去の実績を鑑みると信憑性がそこまで高いように感じない。

 

Citi Researchのレポート

Citi Researchは、Apple Pencil以外にも、iPhone XI/iPhone XI Maxに関するレポートを公開しており、そのレポート内容をまとめると以下のようになる。

iPhone XI/iPhone XI Max レポート
デザイン ベゼルのないデザインを採用。
バッテリー より大型化のバッテリーを搭載。
メインカメラ 2モデルがトリプルレンズカメラを搭載。
画素数が1400万画素に変更される。
インカメラ 1000万画素に変更される。

また正式発表されたわけではないため、はっきりとしたことは言えないが、リーク情報に基づいて考えると、その情報の信憑性は50%程度であると判断することができる。確かに事前情報より、より大型バッテリーを搭載し、さらにトリプルレンズカメラを搭載することはほぼ確定している。詳細は「iPhone XIはトリプルレンズカメラに大型バッテリーを搭載するために内部設計を大幅に変更へ。」をご覧頂きたい。

一方でカメラに関して、まずインカメラの画素数などは判然としない状況にある。そしてメインカメラに関しては、12MP+12MP+12MPになると予測されており、画素数に関しては、iPhone XS/iPhone XS Maxと比較して変更はないと予測されている。もちろんどちらの情報が正しいか判断するのは難しい。ただ大方の予測では、画素数に変更はないとされている。

 

Apple Pencilに対応するのは2020年モデルに?

少なくともiPhone XS/iPhone XS MaxとiPhone XI/iPhone XI Maxは、ディスプレイサイズに表示解像度と大きな変化はないと予測されている。一方で2020年に登場するiPhone XIS/iPhone XIS Maxは、ディスプレイサイズに表示解像度が変更される可能性が高いと予測されている。詳細は「表示解像度が大幅に強化に?iPhone XIS(2020)はディスプレイの強化がメインになる可能性。」をご覧頂きたい。

そして何よりの違いが、リフレッシュレートだ。iPhone XIS/iPhone XIS Maxは120Hzのリフレッシュレートに対応すると予測されている。詳細は「Apple Pencil対応への布石か。iPhone XIS(2020)では120Hzのリフレッシュレートに対応へ。」をご覧頂きたい。AppleはiPad Proで120Hzのリフレッシュレートに対応した際、Apple Pencilのタイムラグが減少したとアピールしている。

このことからも、iPhone XI/iPhone XI Maxが60Hzに対応すると予測されている以上、このタイミングでApple Pencilを対応させる必要性はないと判断することができる。少なくともiPad ProでApple Pencilを使用しているユーザーからすれば、iPhoneでApple Pencilを使うことでユーザビリティが下がるからだ。

だからこそ、今回の情報にあるように、iPhone XI/iPhone XI MaxではApple Pencilに対応する可能性が低いと判断することができる。実際にiPhoneがApple Pencilに対応してどれだけの需要があるのか判然としないが。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG