カメラサイズの違いは明白。iPhone XI Maxの専用ケースをiPhone XS Maxに装着してみた。

iPhone史上初となるトリプルレンズカメラを搭載する次期iPhone XIとiPhone XI Maxだが、先日にはCAD。そしてCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されている。詳細は「新たなCADが公開に。iPhone XIにiPhone XI Max/iPhone XR2のデザインを最終確認しよう。」をご覧いただいきたい。またスペックもリークしており、デザイン/スペックに加え、発売日や本体価格をまとめみたので詳細は「iPhone XI/iPhone XI Maxのスペック/デザイン/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」をご覧いただきたい。

今回日本のAmazonにおいて、今年の9月に発表が予測されているiPhone XI Maxの専用ケースを購入したので、実際に現行モデルであるiPhone XS Maxとどのように違うのか比較してみたので簡単にまとめたいと思う。



iPhone XI Maxの専用ケースを購入。

今回Amazonで購入したiPhone XI Maxの専用ケースは、SELO製のソフトケースになる。もちろん、iPhone XI/iPhone XI Maxが正式に発表されていない以上、フェイクの可能性は十分にありえる。金額は999円だ。ただ海外では有名なアクセサリーメーカーが、すでにiPhone XI/iPhone XI Maxの専用ケースの予約を開始していることからも、一部アクセサリーメーカーは、Appleからアクセサリーを開発するために、CADを入手している可能性がある。つまり完全にフェイクとは言えない状況だ。梱包は非常に簡素だ。

包装からケースを取り出したのが上記の画像だ。普段ラバーケースを購入しないが、意外と触った感触は上々だ。ただデザイン性はなく、非常なシンプルなケースとなっている。そして目につくのは、やはりカメラ部分だ。レンダリング画像を確認する限り相当インパクトがあるカメラデザインに変更されているが、実際にケースとしてみてみると、それ以上にインパクトを感じる。

実際に手元にあるiPhone XS Maxと比較した画像が上記の画像になる。ぱっと見の印象はほぼ同じ大きさに見える。ちなみにリークしている本体サイズを比較すると、iPhone XS/iPhone XIほどではないなが、iPhone XS Max/iPhone XI Maxでも僅かながら異なる。このことからも、iPhone XS/iPhone XS MaxのケースをiPhone XI/iPhone XI Maxで使用するには無理があると考えていた。

 

iPhone XS Maxに装着してみた。

とりあえず、試してみないと分からないのでiPhone XS Maxに装着してみた。びっくりするくらいぴったりはまる。仮に今回購入した専用ケースが実際に発表されるiPhone XI Maxに使えるのであれば、iPhone XS MaxのケースをiPhone XI Maxでも使うことが可能であると考えることができる。もちろんケースの形状や材質にもよるが。

本体上部を撮影した画像が上記の画像になる。特段違和感がない。

次に本体下部を撮影した画像が上記の画像になる。こちらも特段問題ない。ちなみにケースを無理にはめたとか、はずすのが大変とかない。簡単に装着することができ、簡単に取り外すことが可能。そしてぴったりとはまる。

次に本体側面を撮影した画像が上記の画像になる。画像を確認する限りでは、iPhone XS Maxと比較してiPhone XI Maxの電源ボタンの搭載位置は僅かながら下に移動する可能性が高いと判断することができる。

そして反対側の側面を撮影した画像が上記の画像になる。こちらも反対側と同様に。ミュートボタンと音量ボタンの位置が僅かに下に移動すると判断することができる。このことからも、iPhone XS Maxのケースでも、側面にあるボタン部分を覆う形状となっているケースはiPhone XI Maxでは使用することができないと判断することができる。

そして最後にカメラ部分を拡大して撮影した画像が上記の画像になる。カメラ部分のデザインが大きく異なることを改めて確認することができる。同じ大きさのデュアルレンズカメラをもう一つ搭載するためのスペースは十分にある。デザインを全体的に見れば、大きな変更はないが、カメラデザインだけでみれば、大きなデザイン変更だ。またカメラデザインがこれだけ異なるため、iPhone XS Maxのケースはほぼ使うことが不可能だと判断することができる。

今回実際にAmazonでiPhone XI Maxのケースを購入して、iPhone XS Maxに装着して判明したことを簡単にまとめると以下のようになる。

iPhone XI Maxのケースを装着してみて判明したこと。
カメラ部分は想像以上に大きくなっている。
サイドのボタン位置が僅かに変更。
バンパータイプのケースはiPhone XS Max用でも使える可能性がある。

正式発表まであと2ヶ月だ。続報に期待しよう。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG