次期iPhone(2021)はTouch IDとFace IDの両方を搭載へ。

まだiPhone XI/iPhone XI Maxが正式発表されていない中、2020年に登場する次期iPhone XIS/iPhone XIS MaxはTOFセンサーを搭載し、さらにTrue Depth Cameraがディスプレイに統合されることで、ノッチ部分が小型化されると予測されている。詳細は「iPhone XIS/iPhone XIS Max(2020)は初のデュアルレンズフロントカメラに対応する可能性。TOFセンサー搭載が確実に。」をご覧頂きたい。

一方で2021年に登場する次期iPhoneでは、Apple独自の5Gモデムを採用すること。そして音響指紋センサーを採用することでTouch IDが復活する可能性があると予測されている。詳細は「どのようなメリットが。2021年に登場する次期iPhoneでApple独自の5Gモデムを採用に。」をご覧頂きたい。

さて今回9To5Macによると、2021年に登場する次期iPhoneはTouch IDとFace IDの両方を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



Touch IDが復活するの確実か。

今回の情報によると、Apple関連の情報に精通しているアナリストであるMing Chi-Kuo氏は、2021年に登場する次期iPhoneでは、Touch IDとFace IDの両方を採用する可能性があるとしている。先日までの情報では、Face IDが完全に廃止になり、Touch IDの搭載のみになると予測されていた。詳細は「2021年にFace IDが廃止に。Appleは次期iPhone(2021)で完全にTouch IDに切り替える可能性。」をご覧頂きたい。

つまり今回の情報と前回の情報では、中身が大きく異なることになる。ただ今回のレポートにおいて、同氏は確証たる根拠があるわけではなく、市場と同氏のロジックに基づくものだとしている。まあ確かに2年も先の話になるため、今時点で確証を得た情報を得るのは難しい。

 

Touch IDが復活する根拠。

同氏は2021年に登場する次期iPhoneでTouch IDが復活する可能性が高いとしているが、以下のロジックに基づいているとしている。

Touch IDが復活する根拠。
Androidで莫大な需要があること。
Appleがディスプレイ統合型指紋センサーの特許を所持していること。

少なくともディスプレイ統合型指紋センサーを搭載した機種は、現状ではハイエンドモデルがメインとなっているが、その需要は高く、今後ミドルレンジモデルにも搭載されると予測されている。そして2020年には4億台程度、ディスプレイ統合型指紋センサーを搭載した機種が出荷されるとしている。つまり今後Androidにおいて、メインの生体認証は顔認証から指紋認証へ移行する可能性が高いと判断することができる。

そしてAppleは、ディスプレイ統合型指紋センサーに関する特許を2015年に申請している。少なくともこの特許の仕様を確認する限り、ディスプレイのどの場所でも指紋の認証が可能になるとされている。少なくともHuawei P30 ProやGalaxy S10+などのように、指定された場所のみでしか指紋認証ができないという仕様ではない。またディスプレイを触っているだけで、指紋が認証されている状態になり、アプリへのログインなど、追加で指紋認証することなく、ログインすることが可能になるとしている。

特許が申請されているからと言って、実際に製品化されるかどうかは別の話になる。ただAppleは将来採用したい技術として特許を申請していることに違いはない。

 

Face IDとTouch IDの両方を搭載する理由。

また最後に同氏は、Touch IDとFace IDの両方を採用する理由として、ユーザビリティの向上にあるとしている。少なくともFace IDはサングラスをかけている状態でも認証ができるが、その全てに対応できるわけでない。だからこそ状況に応じて顔と指紋で認証できた方が確実にユーザビリティが向上するとしている。

少なくともFace IDに採用されているTrue Depth Cameraの原価コストは非常に高いことが判明している。さらにTouch IDを搭載することで、iPhoneの本体価格が上昇する可能性も十分に考えられる。だが、Touch IDは多くのユーザーが愛されてきた生体認証になる。一部ユーザーはTouch IDを搭載していないiPhoneにはアップグレードをしないとしている。

だからこそ多くのユーザーのニーズを満たすためにも。そしてユーザビリティを向上させるためにも、Face IDとTouch IDの両方を採用するのかもしれない。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG