2021年にFace IDが廃止に。Appleは次期iPhone(2021)で完全にTouch IDに切り替える可能性。

先日までの情報において、Appleは2020年に発表する次期iPhoneにおいて、同社初となるディスプレイ統合型指紋センサーを搭載する可能性が高いと予測されている。つまりTouch IDが復活すると予測されている。詳細は「5Gにディスプレイサイズの変更へ。2020年に登場する次期iPhone XIS/iPhone XIS Maxのデザイン/スペックをまとめ。」をご覧頂きたい。

一方で、一部情報によれば、Touch IDはFace IDと比較して、その原価コストが安いことからも、廉価モデルに採用される可能性が高く、さらに「中国市場限定モデル」に搭載される可能性が高いと予測されている。詳細は「Touch IDの復活はiPhone XRの後継機種で。さらに中国限定で発売に。」をご覧頂きたい。

さて今回9To5Macによると、サプライヤーからの情報として、Appleは2021年に登場する次期iPhoneでFace IDを廃止して、Touch IDを復活させる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



Face IDが廃止に。

Apple関連の情報に非常に精通しているアナリストであるMing Chi-Kuo氏が新たに公開したレポートによると、サプライヤーからの情報として、2020年に発売される次期iPhoneのうち、その一つのモデルは、ノッチが大幅に小型化されている可能性が高いと報告している。ただ今回の情報では、2020年に登場するどのモデルのことを指しているのか言及していない。

ちなみに、先日の情報からも、その正式名称は判然としないが、2020年には、iPhone XIS/iPhone XIS Max/iPhone XR3に加え、液晶を採用した廉価モデルであるiPhone 8の後継機種がラインナップに追加されると予測されており、合計で4モデル展開になると予測されている。詳細は「iPhone 8の後継機種の存在が判明に。2020年に登場する次期iPhoneは合計で4モデル展開に。」をご覧頂きたい。

また冒頭でも記述したが、2020年に登場する廉価モデルはTouch IDを搭載している可能性が高いと予測されている。となるとiPhone 8の後継機種がTouch IDをサポートし、さらにFace IDを採用していないと考えれば、今回のノッチの小型化という情報とも矛盾しない。つまりiPhone 8の後継機種のデザインも、iPhone Xシリーズと共通のベゼルレスデザインを採用している可能性が高いと判断することができる。

また一部情報においては、Appleはフルスクリーンデザインを採用した次期iPhoneの開発を積極的に進めており、早ければ、2020年に登場する可能性があるとしている。つまりiPhone 8の後継機種は、フルスクリーンデザインに限りなく近いデザイン。かなり小型化されたノッチを採用していると考えることができる。

 

Touch IDの復活に。

また今回の情報によると、2021年に登場する次期iPhoneにも言及しており、現行モデルでいうiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの後継機種はFace IDを廃止し、Touch IDを搭載する可能性があるとしている。Face IDの廃止に伴い、次期iPhoneでは、ノッチデザインが廃止される。もしくは大幅に小型化するとしている。

今回の情報を整理すると、Appleは2020年に登場する廉価モデルで、実験的な意味合いでも、Face IDを廃止し、さらにTouch IDを復活させ、市場の反応とその改善を進める。そして2021年に登場する次期iPhone全てでFace IDが廃止され、代わりにTouch IDが採用されると考えることができる。

少なくともTouch IDが復活するための布石として、次期iPhone XI/iPhone XI Maxでは、3DTouchが廃止されると予測されている。2019年モデル含めて、1年で大きな進化を期待できないが、今後2〜3年でiPhoneは大きく生まれかわると考えることができる。続報に期待しよう。

via 9To5Mac



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG