独自の金属シャーシを採用へ。次期iPhone XIS/iPhone XIS Max(2020)で5G対応は確実に。

Appleにとって大きな転換期となるのは、残念なことに2019年ではなく2020年だ。先日の情報からも、2020年に登場する次期iPhoneは、5Gに対応する可能性が高く、さらにディスプレイサイズの変更。また廉価モデルの追加など、大幅な変更が施されると予測されている。詳細は「5Gにディスプレイサイズの変更へ。2020年に登場する次期iPhone XIS/iPhone XIS Maxのデザイン/スペックをまとめ。」をご覧頂きたい。

廉価モデルの追加によって、2020年に登場する次期iPhoneは4モデル展開になる可能性が高いと予測されている中、この廉価モデルは、iPhone Xをベースにしたデザインに、4.7インチ程度のディスプレイサイズを採用すると予測されていることからも、今はなきiPhone SEの後継機種である可能性が高いと予測されている。詳細は「2020年に登場する次期iPhoneの廉価モデルはiPhone SE2の可能性。Air Pods3と合わせてコンセプト画像を確認しよう。」をご覧頂きたい。

さて今回経済日報によると、2020年に登場する次期iPhoneは5Gに対応することで、iPhoneの売上が大幅に回復する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



次期iPhoneの5G対応はほぼ確実に。

以前より、2020年に登場する次期iPhoneは5Gに対応する可能性が高いと予測されていたが、今回の情報においても、その特許からも5Gに対応する可能性が非常に高いと報告している。少なくとも、Appleが申請した特許から、5Gに対応するアンテナが判明している。またこの特許から、Appleはアンテナの送受信が、本体に影響が及ばないように、5Gにより最適化された、シャーシを採用していることが判明したとしている。

既存機種と比較して、この新型シャーシはエンドオーディオ/コネクター部分の開口部がより広くなっているとしている。つまり、2020年に登場する次期iPhoneは、ディスプレイサイズ以外において、そのシャーシ部分においてもデザインが変更されている可能性が高いと判断することができる。

また次期iPhoneで5Gに対応することで、よりサプライヤーの業績が活性化する可能性が高く、そしてiPhone自体が5Gに対応することで、ユーザーの注目を大きく集め、その結果iPhoneの売上が大きく成長する可能性があるとしている。少なくとも現時点では、5Gに対応することに、あまりプラスのイメージを持つことができないが、2020年になるとその状況が違うみたいだ。

 

iPadも5Gに対応へ。

今回の情報では言及していないが、例えばSamsungはGalaxy Note10で4G/5Gモデルと、その両方を準備しているが、Appleは2020年に登場する通称iPhone XIS/iPhone XIS Max/iPhone XR3では、4Gモデルと用意していないと予測されている。唯一の4G対応モデルとして用意されているのが、iPhone SEの後継機種だと予測されている廉価モデルだ。

そしてその詳細は判然としないが、2020年には次期iPadにも5G対応モデルが追加されると予測されている。詳細は「2020年はiPhoneもiPadも大きな転換期に。次期iPadは5Gに折りたたみ式を採用に。」をご覧頂きたい。少なくともiPhoneの情報で見れば、iPad Proの2モデルが5Gに対応し、iPad/iPad mini/iPad Airの3機種は4G対応モデルになると予測されている。

2020年には、iPhone/iPadと5G対応がより現時的になってきた。少なくともApple独自の5Gモデムを搭載するのは、2021年以降とされており、2020年モデルはQualcomm製の5Gモデムを採用する可能性が高いと予測されている。このことを考えると、より5Gが最適化され、本体価格が少し落ち着くのも2021年モデルになるのかもしれない。2020年では、日本でも5Gが開始している。もちろんその本体価格にもよるが、5Gに対応したiPhone/iPadの登場が今から楽しみである。

これまでのタイムラインストーリー。

続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG