次期iPhone(2020)でTouch IDが復活へ。ただディスプレイ統合型指紋センサーに期待はできない。

2020年に登場する次期iPhoneは、いよいよ5Gに対応する可能性が高く、さらにディスプレイサイズの変更にTOFセンサーの搭載など、大幅なモデルチェンジになる可能性が高いと予測されている。詳細は「iPhone XIS/iPhone XIS Max(2020)は初のデュアルレンズフロントカメラに対応する可能性。TOFセンサー搭載が確実に。」をご覧頂きたい。

さて今回Apple Insiderによると、2020年に登場する次期iPhoneで、Touch IDが復活する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



予定より1年早く搭載に?

事前情報においても、2021年に登場する次期iPhoneで、Touch IDが復活する可能性が高いと予測されている。詳細は「2021年にFace IDが廃止に。Appleは次期iPhone(2021)で完全にTouch IDに切り替える可能性。」をご覧頂きたい。すでにHuawei P30 ProやGalaxy Note10+などが、インディスプレイ指紋センサーを搭載しているが、次期iPhoneが搭載するのは音響指紋センサーになるとされている。

少なくとも前2機種に関しては、指定された場所のみでしか指紋を認証することができないが、次期iPhoneに採用されると予測されている音響指紋センサーは、ディスプレイの場所問わず、認証をすることが可能になると予測されている。つまり今までのインディスプレイ指紋センサーとは大きく異なる立ち位置になる。

そして今回の情報によると、サプライヤーからの情報として、Appleは新しいTouch IDのテストを開始しており、2020年に登場する次期iPhoneで採用される可能性が高いとしている。とはいえ、2021年に延長される可能性も十分に考えられるとしている。ちなみにAppleはすでに音響指紋センサーなど、インディスプレイ指紋センサーに関する特許をいくつか申請しており、将来的に実装される可能性が高いと判断することができる。

また先日の情報通り、Touch IDが復活するとしても、Face IDも搭載される可能性が高いと予測している。詳細は「次期iPhone(2021)はTouch IDとFace IDの両方を搭載へ。」をご覧頂きたい。一部情報では、原価コストがかさむことからも、Face IDが廃止になる可能性があると予測されていたが、Face IDはAR機能やインカメラの基盤となっていることも、そうそう廃止することはないとしている。

 

Touch IDの復活に期待するべきか。

多くのユーザーに親しまれていたTouch IDだが、現行の最新機種においては採用されていない。一方で今回の情報にあるTouch IDは、従来のTouch IDとは大きく異なる。現にHuawei P30 ProやGalaxy Note10+など光学式/超音波式など、形式が違えど、インディスプレイ指紋センサーを搭載している機種は存在しているが、物理式の指紋センサーと比較すると、認証精度や認証速度は物理式には到底敵わない。

またディスプレイに統合されていることからも、多くのユーザーが使用するスクリーンプロテクターによって、弊害が発生する可能性があり、さらにディスプレイが破損したりすれば、指紋認証に弊害が出る可能性もある。Appleが搭載するとなれば、それなりの完成度の高さになると考えることができるが、あくまでも初の搭載になることを考えると、過度の期待はできない。

それこそ不満が多いFace IDの方が完成度が高くなってそうだ。2021年頃には、インディスプレイ指紋センサーを搭載した機種が、ミドルレンジモデルを含め、かなり出荷されると予測されている。その中で、次期iPhoneに搭載されるTouch IDが頭一つ抜けた存在になるのか非常に楽しみだ。

これまでのタイムラインストーリー。

続報に期待しよう。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG