2020年に登場する次期iPhoneの廉価モデルはiPhone SE2の可能性。Air Pods3と合わせてコンセプト画像を確認しよう。

すでに話題は2020年に登場する次期iPhoneが中心となっているが、先日の情報からも、現行モデルいうiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRのそれぞれの後継機種に加え、液晶を搭載した廉価モデルが追加され、合計4モデル展開になる可能性が高いと予測されている。詳細は「iPhone 8の後継機種の存在が判明に。2020年に登場する次期iPhoneは合計で4モデル展開に。」をご覧頂きたい。

一部情報では、この廉価モデルが、Face IDではなく、Touch IDを搭載すると予測されており、さらに従来のTouch IDと異なりディスプレイ統合型になると予測されていることからも、かなり注目を集めている。詳細は「Touch IDに引き続き。次期iPhone(2020)はノッチ小型化のためFace IDをディスプレイに統合へ。」をご覧頂きたい。

さて今回Everything Apple ProがYouTubeにおいて、2020年に登場する次期iPhoneの廉価モデルと今年の後半に登場が予測されているAir Pods3のコンセプト画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



廉価モデルはiPhone SE2に?

さて今回公開された2020年に登場すると予測されている次期iPhoneの廉価モデルのコンセプト画像が上記の画像になる。このデザインを見てピンとくる人が多いと思うが、iPhone SEのデザインとiPhone Xのデザインを融合されたようなデザインとなっている。

今までの情報を整理すると、廉価モデルは、4.7インチ程度の液晶を採用し、さらにFace IDは対応しないが、iPhone Xシリーズと共通のデザインを採用する可能性が高いとされている。さらにiPhone SEの本体サイズにおいても、iPhone Xシリーズと同様のベゼルレスデザインを採用すると、4.7インチ程度のディスプレイサイズになると予測されている。となると、この噂されている廉価モデルはiPhone SEの後継機種として登場してもおかしくはない。

先日の情報からも、2020年に登場する次期iPhoneのディスプレイサイズは、5.4/6.1/6.7インチになると予測されており、さらにここに4.7インチが追加されるとなる非常にバランスがいい。詳細は「5Gにディスプレイサイズの変更へ。2020年に登場する次期iPhone XIS/iPhone XIS Maxのデザイン/スペックをまとめ。」をご覧頂きたい。

今回公開された廉価モデルiPhone SE2のデザインを確認すると、背面はシングルレンズカメラを搭載しているが、iPhone XIシリーズなどと同じカメラデザインを採用していることを確認することができる。さらにiPhone 5のような角ばったデザインではなく、iPhone Xシリーズと同じく、丸みを帯びたデザインを採用していることが確認することができる。

フロント部分に関しては、Face IDを搭載していないことからも、True Depth Cameraを搭載する必要性はないため、インカメラのみとノッチ部分をかなり小型化されることに成功している。ちなみに今回のコンセプト画像では、本体カラーにパープルが採用されていることを確認することができるが、実際のカラバリに関する情報はない。

ただiPhone XRの後継機種が存在している以上、廉価モデルとはいえ、スペースグレー/ゴールド/シルバーの3色展開になる可能性が高いと判断することができる。2018年でiPhone SEは終売となってしまったが、後継機種が完全に出てこないとはいいきれない。それこそ、iPhone 5cからiPhone XRのように。このことを考えると、いよいよ2020年にiPhone SEが復活するのかもしれない。

 

Air Pods3のデザインを確認しよう。

また今回の動画において、合わせて今年の後半に登場すると予測されている第3世代目のAir Podsのコンセプトも公開されており、上記の画像がまさにそうだ。ちなみに先日の情報では、より防水機能が強化され、さらに既存のAir Podsと比較して高価になると予測されているが、その他デザイン/スペックにおいては判然としない状況にある。詳細は「2019年下半期。iPhone XI/iPad10.2/Air Pods3と発表が予測されているApple製品をまとめてみた。」をご覧頂きたい。

可能性の話だが、このAir Pods 3は第3世代として発表されるのではなく、既存ラインナップに追加されるのかもしれない。動画ではAir Pods Proとして紹介している。だとすれば、今年中に新モデルが2機種でることも、このAir Pods 3が高価格化されることも納得できる。

少なくとも上記の画像を確認する限りでは、噂されているように、ブラックのカラバリが追加されており、専用ケースはほぼデザインが変更されていないように見えるが、本体い関しては、ちょっと角ばった印象を受ける。ちょっとHuawei Budsのように見えてしまうのは気のせいだろうか。

2019年に登場する次期iPhoneからは、HuaweiやGalaxyが対応しているリバースワイヤレス充電に対応することからも、ワイヤレス充電に対応したAir Podsとの相性もいい。先日にいよいよ発売を開始したPowerBeats Proだが、その大きな違いの一つとして、耐水機能にある。だからこそ、予測通り、このAir Pods 3が今年中に発表されるのであれば、非常に楽しみだ。詳細は「早くも2週間待ち。PowerBeats Proが発売を開始したけど購入するべきかどうか。Air Podsとの違いをまとめてみた。」をご覧頂きたい。

今回のコンセプト動画をしっかり確認したいのであれば、上記のYouTubeを確認してみることをおすすめする。続報に期待しよう。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG