2020年はiPhoneもiPadも大きな転換期に。次期iPadは5Gに折りたたみ式を採用に。

一部情報によると、2020年に登場する次期iPhoneはディスプレイサイズが変更され、さらに5Gに対応すると予測されている。そして現行機種と同じく3モデル構成であることに変わりはないとされており、iPhone XRの後継機種が唯一の4G対応モデルになると予測されている。詳細は「5Gにディスプレイサイズの変更へ。2020年に登場する次期iPhone XIS/iPhone XIS Maxのデザイン/スペックをまとめ。」をご覧いただいきたい。

AppleにとってiPhoneが主力製品であることからも、やはりiPhoneが注目されがちだが、今回AppleInsiderによると、2020年に登場する次期iPadは5Gに対応し、さらに折りたたみ式を採用している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



5G/折りたたみ式に対応へ。

さて今回の情報によると、サプライヤーからの情報として、Appleは2020年に発表する次期iPadで折りたたみ式を採用する可能性が高いとしている。さらに5Gに対応すると予測されており、ディスプレイサイズは、MacBookと同程度になるとしている。現行のiPad Proが11/12.9インチであることを考えると、ちょうどその中間のサイズを採用することになる。

また中国の経済日報である IHS MarkitのアナリストであるJeff Lin氏は、Microsoftがデュアルスクリーンを搭載したsurfaceを発表すると予測されている中、Appleは対抗してiPadに折りたたみ式を採用する可能性が高いと予測している。今回の情報では、残念なことに2020年に登場する次期iPadは5G/折りたたみ式/ディスプレイサイズの変更以外の詳細なスペックは判然としないとしている。

ちなみに先日の情報では、今年登場する次期iPad ProはA13チップの搭載など、昨年フルモデルチェンジが行われたのとは異なりマイナーアップデートに留まると予測されている。詳細は「本体価格は据え置きに。iPad Pro(2019)はiPhone XIと同じく9月に正式発表へ。」をご覧いただいきたい。つまりiPhoneと同様にiPadも2020年にフルモデルチェンジになると考えることができる。

 

iPhoneにも折りたたみ式を採用へ。

またPhone Arenaによると、Appleは折りたたみ式を採用したiPhoneを開発していることが、申請したその特許から判明しており、上記の画像が折りたたみ式を採用したiPhoneの特許図だとされている。Galaxy FoldやHuawei Mate Xは谷折か山折の違いはあれど二つ折りの形状を採用しているが、iPhoneに関しては3つ折りを採用していることを確認することができる。

またAppleは折りたたみ式に対して以下のような考えを持っていることが判明している。

Traditionally, electronic devices have a single form factor that may be driven by the size and shape of the display. Because many traditional displays are rigid or at least not flexible, a traditional device that is adaptable to accommodate multiple form factors includes the use of a mechanical hinge or pivot joint.

However, these traditional configurations used for traditional notebook and tablet devices are inherently limited by the integration and size required by a separate mechanical hinge. Embodiments described herein are directed to devices and techniques for forming portable electronic devices having a flexible cover coupled to a flexible display that do not have the limitations or drawbacks associated with some traditional solutions.

簡単に言えば、折りたたみ式といえ、伝統的なノートパソコンなどの、ヒンジありきの形状が採用されており、逆に制限されているように感じるとしている。我々はフレキシブルディスプレイを採用することで、従来の概念による制限を解決したいとしている。

2020年になれば、今より折りたたみ式を採用している機種が増加している可能性があるが、Appleが開発する折りたたみ式を採用したiPhoneやiPadは他の折りたたみ式を採用した機種と一線を画す存在になるのかもしれない。

これまでのタイムラインストーリー。

続報に期待しよう。

via AppleInsider/Phone Arena



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG