大小はっきりと。次期iPhone(2020)の新たなレンダリング画像が公開に。

先日の情報からも、次期iPhone(2020)は、「iPhone 4」のようなデザインを採用している可能性が高いと予測されている。詳細は「懐かしい。2020年登場次期「iPhone」は「iPhone 4」の様なデザインに。」をご覧頂きたい。

さらにこの情報に合わせて、早くもレンダリング画像が公開されている。詳細は「「iPhone 4」がより洗練。次期iPhone(2020)の新たなレンダリング画像が公開に。」をご覧頂きたい。

さて今回Benjamin Geskin氏が、次期iPhone(2020)の5.4インチモデルと6.7インチモデルを比較した画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。

2モデルを比較したレンダリング画像が公開。

さて今回同氏が公開したレンダリング画像が上記の画像になる。先日の情報通り「TOFセンサー」を搭載していることを確認することができる。詳細は「初のデュアルレンズフロントカメラに対応?インカメラにもTOFセンサーを搭載へ。」をご覧頂きたい。

あくまでもレンダリング画像にはなるが、おそらく2020年モデルでもiPhone 11 Proシリーズと同じく「マットガラス」が継承される可能性が高く、今回のレンダリング画像にも反映されている。

フロント部分を確認すると、先日の情報通り、フルスクリーンデザインを採用していることを確認することができる。詳細は「次期iPhone(2020)はついに「ノッチ」廃止。フルスクリーンデザインへ。」をご覧頂きたい。

またサイドフレームが、現行のiPhone 11シリーズと異なり丸みを帯びていないことからも、全体的にデザインでみるとかなり印象が異なる。そして何より、ディスプレイサイズが変更されることからも、5.4インチと6.7インチでよりディスプレイサイズの差が明確化する。

フルスクリーンデザインを採用することからも、6.7インチモデルに関しては、現行のiPhone 11 Pro Maxとほぼ変わらない本体サイズである可能性が高いが、5.4インチモデルはiPhone 11 Proより小型化する可能性が高い。

先日の情報からも、2020年には4.7インチの廉価モデルが登場すると予測されている。このことを考えると、2020年のラインナップはよりコンパクトモデルが豊富になりそうだ。続報に期待しよう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。




最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG