トリプルレンズカメラがアクセントに。次期iPad Proの最終確定のレンダリング画像が公開に。

Appleは9月10日にイベントを開催することを正式に発表した。次期iPhone 11/iPhone 11 Proシリーズに加え、iPad ProやApple Watch series 5を正式に発表すると予測されている。詳細は「Appleのイベント招待状が意味すること。iPhone 11他発表されそうなApple新製品まとめ。」をご覧頂きたい。

さらに先日の情報からも、次期iPadはカメラが大幅に強化されると予測されており、iPad Proはトリプルレンズカメラを。iPad(10.2)はデュアルレンズカメラを搭載する可能性が高いと予測されている。詳細は「次期iPad Pro(2019)は次期iPhone(2019)と同様にトリプルレンズカメラを搭載する可能性。」をご覧頂きたい。

さて今回BGRによると、次期iPad Proの最終確定とされているデザインを採用したレンダリング画像が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



ベゼルは太いまま。

さて今回公開された次期iPad Proのレンダリング画像が上記の画像になる。ベースのデザインは、フルモデルチェンジとなった2018年モデルと同じだ。iPad Pro10.5インチモデルでは、ベゼルがスリム化されたが、今回もベゼルレスデザインを採用しているとはいえ、ベゼルは太いままだ。またTouch IDを搭載していないことからも、引き続きFace IDを搭載していると判断することができる。

ちなみに先日の情報からも、次期iPhone 11/iPhone 11 Proシリーズでは、Face IDが改善されると予測されている。詳細は「Xperia Z5以来となる。次期iPhone 11 ProシリーズはフロストガラスにRAM6GB対応へ。」をご覧頂きたい。実際に2018年モデルを使っているが、Face IDの認証精度は個人的にイマイチに感じる。詳細は「iPad Pro(12.9)長期間使用レビュー。自分には不要だった理由とおすすめのiPadの選び方。」をご覧頂きたい。

なので、次期iPad ProではFace IDが少しでも改善されていることを期待したい。

 

カメラの出っ張りは相変わらず。

また上記の画像においては、側面などを確認することができる。USB-Cを引き続き採用していることが確認でき、さらに本体の厚みも大きな変更がなさそうだ。iPad Pro(2018)では、大型のカメラセンサーを搭載したことが影響したのか、本体を薄くしすぎた影響か、カメラの出っ張りがひどかった。今回のレンダリング画像をみる限り、引き続きカメラが出っ張っていることを確認することができる。

ただトリプルレンズカメラを搭載した影響もあるのか、その出っ張りは2018年モデルほどではない。またトリプルレンズカメラを搭載したことで、デザインの印象も変わる。そして次期iPhoneに採用される最新技術をいち早くiPad Proに採用することを考えると、AppleはiPadにもかなり注力していると判断することができる。iPhoneの売上がこれ以上大きく伸びないことを考えると、今後はいかにiPhone以外の関連製品をより魅力的に仕上げるかが重要になってくる。

 

ゴールドは不在か?

次期iPhoneに関しては、新たにレインボーカラーが採用されると予測されている。詳細は「次期iPhone XI/iPhone XI Maxはマット仕上げにグラデーションカラーを採用に。」をご覧頂きたい。ただiPad Proのカラバリに関する情報はあまりない。2018年モデルで、ゴールドがラインナップから外れたが、iPad mini/iPad/iPad Airがゴールドを採用していることを考えると、iPad Proで採用されてもおかしくない。

やはりユーザーとしては、折角ならiPhoneとiPad Proの本体カラーを合わせて使いたいユーザーも多いと思う。ぜひゴールドが追加されることを期待したいところだ。今回は次期iPad Proのレンダリング画像についてまとめてみた。タブレットにおいて最高クラスのカメラを搭載することになることからも、次期iPad Proの正式発表が非常に楽しみだ。続報に期待しよう。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG