次期iPad Pro(2019)は次期iPhone(2019)と同様にトリプルレンズカメラを搭載する可能性。

9月11日前後にAppleは例年通りイベントを開催し、次期iPhoneを正式に発表すると予測されている。2018年と同様に3モデル展開となり、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRのそれぞれの後継機種が発表されると予測されている。詳細は「iPhone XI/iPhone XI Maxのスペック/デザイン/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」と「今年こそ本命候補に。iPhone XR2のデザイン/スペック/発売日/本体価格をリーク情報を基に総まとめ。」をご覧頂きたい。

一方で、あまりリーク情報はないが、昨年フルモデルチェンジとなったiPad Proもマイナーアップデートが施され、9月のイベントの時に正式発表されると予測されている。詳細は「本体価格は据え置きに。iPad Pro(2019)はiPhone XIと同じく9月に正式発表へ。」をご覧頂きたい。

さて今回Macお宝探偵団Blogによると、次期iPad Proは、次期iPhoneと同様にトリプルレンズカメラを搭載している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



次期iPad Proはトリプルレンズカメラを搭載に。

今回の情報によると、2019年に登場する次期iPhone XI/iPhone XI Maxはトリプルレンズカメラを搭載し、iPhone XR2はデュアルレンズカメラを搭載すると予測されている中、中国のサプライヤーの話として、次期iPhoneだけではなく、次期iPad Proもトリプルレンズカメラを搭載している可能性があるとしている。

ただ今回の情報では、次期iPhoneXI/iPhone XI Maxに搭載されるトリプルレンズカメラと全く同じ仕様になるのか、それともトリプルレンズカメラを搭載することがだけが同じなのかは判然としない。仮に同じ仕様となるのであれば、iPad Proのカメラは現行世代と比較して大幅に進化すると判断することができる。詳細は「カメラの進化は目まぐるしい。iPhone XI/iPhone XI Maxのカメラは広角/スーパースローモーション撮影に対応。」をご覧頂きたい。

カメラが大幅に進化するのであれば、iPad Proで写真の撮影を考えるユーザーも増える可能性が高い。となると、昨年と異なり、今年は11インチモデルの方が需要が高くなると考えることもできる。

 

iPad(10.2)はデュアルレンズカメラを搭載に。

またiPad Proの情報と合わせて、9月に正式発表が予測されているiPad(10.2)はデュアルレンズカメラを搭載する可能性が高いと予測している。iPad Proの流れを考えると、iPhone XR2と同等のカメラを搭載すると考えることができる。つまりiPhone XS/iPhone XS Maxと同等のカメラ性能になる可能性が高い。

先日の決算内容からも、iPhone Xs/iPhone Xs Maxの販売不振はかなり深刻だ。詳細は「iPhone XS/iPhone XS Maxの販売不振はかなり深刻に。Appleは市場シェア4位に転落へ。」をご覧頂きたい。となると、iPhone XS/iPhone XS Max用のパーツもかなり在庫になっている可能性が高い。

少なくともiPhone XR2は、原価コストを下げるためにiPhone XS/iPhone XS Maxと同等のカメラを採用すると予測されている。となるとiPadにデュアルレンズカメラを採用し、スペックの強化をアピールできる反面、コストカットにも貢献できることからも、Appleにとってはまさに一石二鳥だ。

少なくとも、Appleは米中貿易摩擦の影響で、アメリカ国内で販売されるiPhoneやiPadの追加関税を負担する可能性が高い。詳細は「貿易摩擦の影響はユーザーは関係なしに。iPhone XI/iPhone XI Maxは関税の影響で高価格になることはない。」をご覧頂きたい。だからこそ、原価コストカットに尽力しているのかもしれない。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG