購入する前に考えてほしい。Galaxy Note10/Galaxy Note10+のどちらを購入するべきか。

FCCの認証情報からも、日本国内ではDoCoMo/auから、Galaxy Note10+が発売される可能性が高いことが判明している。詳細は「朗報。Galaxy Note10+がFCCの認証を通過へ。DoCoMo/auから冬モデルとして発売へ。」をご覧頂きたい。日本市場ではCompactモデルの方が人気があること。そしてGalaxy S10/Galaxy S10+の両方が発売されたことを鑑みると、Galaxy Note10+に加えGalaxy Note10も発売される可能性が高いと判断することができる。

Galaxy S10シリーズ以上にGalaxy Note10シリーズの方が、スペックに差があるように感じてしまう。ただ先日にもまとめたがGalaxy Note10も決して悪くはない。詳細は「購入する前に確認して欲しい。Galaxy Note10+ではなくGalaxy Note10が購入したくなる理由。」をご覧頂きたい。

さて今回発売を開始したこともあり、ある程度のデータが揃ってきたので、Galaxy Note10/Galaxy Note10+のどちらを購入するべきか改めてまとめてみようと思う。



スペックの比較。

まずGalaxy Note10とGalaxy Note10+のスペックをまとめると以下のようになる。

Galaxy Note10 Galaxy Note10+
ディスプレイ Dynamic AMOLED
ディスプレイサイズ 6.3インチ 6.8インチ
表示解像度 2280×1080(400ppi) 3040×1440(498ppi)
本体サイズ 151 x 71.8 x 7.9 mm 162.3 x 77.2 x 7.9 mm
重さ 167g 196g
OS Android9.0
SoC snapdragon855/Exynos9825
RAM 8/12GB 12GB
ROM 256GB 512GB
メインカメラ 12MP+12MP+16MP 12MP+12MP+16MP+TOF
インカメラ 10MP
バッテリー 3500mAh 4300mAh
生体認証 顔/指紋
イヤホンジャック 非対応

改めてまとめてみると、本体サイズに起因した違いが多く感じる。今回は深く言及しないが、それぞれに5Gモデルも存在している。ちなみにGalaxy Note10のRAM12GBは5Gモデルのみとなっている。詳細は「Galaxy Note10にも5Gが存在することを確認。さらにGalaxy Note10+/5GはSingle SIM仕様に。」をご覧頂きたい。

 

Galaxy Note10/Galaxy Note10+の違い。

スペックを比較した上でGalaxy Note10/Galaxy Note10+の違いを簡単にまとめると以下のようになる。

Galaxy Note10 Galaxy Note10+
表示解像度 FHD 2K
バッテリーサイズ 3500mAh 4300mAh
充電速度 25W 45W
SDカード 非対応 対応
メインカメラ 12MP+12MP+16MP 12MP+12MP+16MP+TOF

普段使う上で、特に気になるGalaxy Note10/Galaxy Note10+の違いはこんな感じになる。その上で項目ごとに確認したいと思う。

 

表示解像度の違い。

Galaxy Note10+は最大で2Kの表示解像度に対応している。初期設定ではFHDとなっているが、上記の画像のようにユーザーの任意で表示解像度を変更することができる。有機ELディスプレイを搭載しているので、かなり精細なディスプレイとなっているが、さらに表示解像度を変更することで、より精細な表示が可能となる。

ここで問題になるのが、2Kに変更する必要性があるかということだ。個人的には、その機種が搭載しているスペックをMaxで使いたいため、Galaxy Note10+であれば、初期設定ですぐに2Kに変更した。確かにFHDで表示した場合と比較してみると、当たり前だが2Kの方が綺麗だ。

ただGalaxy Note10シリーズは最大輝度が高いこともあり、安定的にディスプレイが明るい。そしてGalaxy Note10の画素密度は400ppiとなっている。人間の目では300ppiを超えると、一つずつのピクセルを認識することができない。つまり、Galaxy Note10のFHDでも十分に綺麗に見えると判断することができる。またGalaxy Note10+と比較すると、画素密度は見劣りするかもしれない。

それでもGalaxy Note10は400ppiに対応していることを考えると、他の機種と比較した場合、標準より綺麗なディスプレイを搭載していることに違いはない。

 

電池持ちの違い。

上記の画像からも、先日に海外サイトがGalaxy Note10+のバッテリーテストの結果を公開しており、ハイエンドモデルの中でもかなり電池持ちがいいことが判明している。詳細は「電池持ちの良さだけでも十分に購入する価値がある。Galaxy Note10+のバッテリーテストの結果が公開に。」をご覧頂きたい。

さらに同サイトはGalaxy Note10のバッテリーテストの結果を公開しており、そのスコアが92であることが判明している。Galaxy Note10が3500mAhのバッテリーでありながら、4100mAhのバッテリーを搭載したGalaxy S10+のスコアより優秀であることが判明した。Galaxy Note10+と比較すれば電池持ちが悪いが、他の機種と比較すると、その電池持ちは決して悪くない。

むしろバッテリー容量を考えると、Galaxy Note10はかなり電池持ちが良いと判断することができる。どちらの機種に関しても電池持ちに関しては気にする必要性はない。

 

充電速度の違い。

次に充電速度に関して、Galaxy Note10は最大25W。そしてGalaxy Note10+が最大45Wの充電速度に対応している。先日には充電速度テストの結果が公開されており、同じ25Wの充電器で充電した場合、Galaxy Note10+が1時間程度でフル充電。Galaxy Note10が1時間15分程度で充電できることが判明している。詳細は「45Wの充電器を購入する必要性はない。Galaxy Note10+の25W/45Wの充電速度テストの結果が公開に。」をご覧頂きたい。

この15分をどう捉えるかは正直ユーザー次第だ。充電する時間が十分にある場合、15分程度しか差がないことを考えれば、気にする必要性はない。一方で短時間でできるだけ充電した場合は、同じ充電速度の充電器であっても、Galaxy Note10+の方が充電速度が早いため、Galaxy Note10+に優位性がある。

ちなみにGalaxy Note10+はSamsung純正の45Wに対応した充電器でないと最大速度で充電できないことが判明している。詳細は「45Wのサードパーティ製の充電器ではGalaxy Note10+は最高速度で充電できず。」をご覧頂きたい。

 

SDカード対応の違い。

内部スペースの問題なのか、SDカードに対応しているのは、Galaxy Note10+のみとなっている。SDカードを頻繁に使うユーザーもいれば、そうでないユーザーもいる。Galaxy Note10+は最大で512GBのROMに対応しているが、Galaxy Note10+は256GBまでしか対応していない。

SDカードに対応していることを前提にしているのか判然としないが、韓国国内ではGalaxy Note10+の256GBが一番人気であることが判明している。つまり多くのユーザーは256GBで十分だと思っているのかもしれない。逆に言えば、Galaxy Note10のROMでも多くのユーザーは十分だと判断することができる。

またGalaxy Note10はSDカードスロットを搭載していないだけなので、USB-CでSDカードスロットを外付けで読み込ませれば、SDカードからデータを取り込むこともできれば、保存することもできる。ただアクセサリーが別途必要になるのはデメリットかもしれない。

 

メインカメラの違い。

そしてカメラに関してだが、Galaxy Note10+のみがTOFセンサーを搭載している。TOFセンサーに対応したことで、AR撮影やボケの撮影が強化されている。ただライブフォーカスの状態で動画撮影など、いくつかある新機能のほとんどは、TOFセンサーを搭載していないGalaxy Note10でも使うことができる。またGalaxy Note10のライブフォーカスで撮影した画像も十分に綺麗だ。

つまりTOFセンサーを搭載していないことが大きなデメリットにはなっていない。ただTOFセンサーを搭載している方が、写真や動画においての精度は上がる。そしてGalaxy Note10+は世界最高の評価を獲得している。詳細は「Galaxy Note10+/5GがHuawei P30 Proを抜いてカメラで世界1位の評価を獲得。」をご覧頂きたい。

 

どちらの機種を購入するべきか。

Galaxy Note10/Galaxy Note10+の違いを簡単にまとめてきた。その違いを明確にした上で、ユーザーごとにどちらが最適か選ぶべきだ。自分の場合は、ディスプレイが大きいこと。表示解像度が高いこと。そして電池持ちがいいことが優先条件だったため、Galaxy Note10+を迷わず購入した。

自分にとって、譲れないスペックやこだわりがあると思う。だからこそ、SamsungはGalaxy Noteシリーズでも2つの選択肢を用意したんだと思う。気になる方はぜひチェックして欲しい。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG