Galaxy Note10+に圧倒的に人気が集中か。すでに初回在庫は完売している可能性。

先日にはいよいよ正式発表されたGalaxy Note10/Galaxy Note10+だが、一部地域ではすでに予約を開始している。詳細は「iPhone XS/iPhone XS Maxよりコスパよし。SamsungがGalaxy Note10/Galaxy Note10+を正式発表。」をご覧頂きたい。

またGalaxy Note10+/4GとGalaxy Note10+/5Gの違いも判明しており、さらにイヤホンジャックが廃止された理由も判明している。詳細は「Galaxy Note10/Galaxy Note10+でイヤホンジャックが廃止された理由。」と「電池持ちが懸念。Galaxy Note10+/4GとGalaxy Note10+/5Gの違い。」をご覧頂きたい。

さて今回Phone Arenaによると、Galaxy Note10+は事前予約の状態ですでに出荷時期に遅れが発生していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思う。



アメリカ国内での在庫状況。

さて今回の情報に基づいて、執筆時点でのアメリカ国内のGalaxy Note10+の在庫状況をまとめると以下のようになる。

容量 Aura Glow Black Blue White
SIMフリー 256GB 8/30 8/30 8/30 8/30
512GB 8/23
Verizon 256GB 8/23 8/23 8/23
512GB 8/23
AT&T 256GB 8/23 8/23 8/23
512GB 8/23
T-Mobile 256GB 8/23 8/23 8/23
512GB 8/23
Sprint 256GB 8/23 8/23 8/23
512GB 8/23

キャリアモデルの方が購入特典がかなり豪華であることが判明している。詳細は「Galaxy Note10+/5Gの予約がすでに開始。さらに指定された条件で購入すればGalaxy Note10が無料でもらえる。」と「Galaxy Note10の予約特典が非常に豪華。そしてGalaxy Budsに新色が追加に。」をご覧頂きたい。

とはいえ実際に人気があるのはSIMフリーモデルだ。少なくともGalaxy Note10+/256GBに需要が集中していることを確認することができる。発売日が8月23日であることを考えると、すでに1週間待ちの状態となっている。また発売日まで2週間近くある。このことを考えると、さらに在庫状況は悪化する可能性が高い。

Galaxy Note9の時も、最大で2ヵ月待ちの状態なっていた。ちなみに先日の情報からも、スマートフォンの販売台数が減少している中、Galaxy Note10/Galaxy Note10+はGalaxy Note9と同程度の販売台数になる可能性が高いと予測されている。詳細は「Galaxy Note10/Galaxy Note10+はGalaxy Note9より僅かに販売台数が減少する可能性。」をご覧頂きたい。このことを考えると、Galaxy Note9と同様の在庫状況まで悪化する可能性が高いと判断することができる。

 

日本での発売は?

すでにSamsungは日本版のホームページにおいても、Galaxy Note10/Galaxy Note10+の製品ページを公開している。ただ、先日リークしたベンチマークとそのモデル番号を確認する限りでは、少なくともDoCoMoにおいては、Galaxy Note10/Galaxy Feel 3の2種類を扱う可能性が高く、Galaxy Note10+は扱わない可能性が高いことが判明している。詳細は「DoCoMoからGalaxy Note10+は発売されず?Galaxy Note10/Galaxy Feel3のベンチマークが判明に。」をご覧頂きたい。

執筆時点ではauに関しては判然としない。ただDoCoMoにおいて、Galaxy S10/Galaxy S10+シリーズでは、Galaxy S10+の方が圧倒的に支持を獲得していることが判明している。日本市場では小型モデルの方が需要が高いが、Galaxy S10シリーズにおいては大型モデルの方が人気が高い。

となるとGalaxy Note10+の方が人気が出るとも考えることができる。つまり日本国内でGalaxy Note10+を扱わなかった場合、Galaxy Note10シリーズはあまり人気が出ないかもしれない。続報に期待しよう。

EtorenでGalaxy Note9を購入する。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG