5Gの通信環境が不十分に?韓国でGalaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルが発売になる可能性。

日本では2020年より本格的に5Gが開始することからも、5G対応機種はいまだキャリアから発売されていない。一方でヨーロッパやアメリカを中心に5Gが開始しており、Samsungも発売地域に応じて、Galaxy Note10/Galaxy Note10+のラインナップを変更している。特に5Gが開始している地域ではGalaxy Note10+/5Gが発売になり、SIMフリーとしてはCloveで購入することが可能になっている。

詳細は「僅か9万円程度で。Galaxy Note10/Galaxy Note10+がCloveでも予約開始。」をご覧頂きたい。さて今回SamMobileによると、韓国国内で、Galaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルが発売される可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



4Gモデルが発売に?

Galaxy Note10/Galaxy Note10+が正式発表される前、韓国の大手キャリアとSamsungは5Gモデルのみを発売することで合意したとされている。キャリアとしては、5Gの利用者増加を狙い、Samsungとしては、より単価が高い5Gモデルを集中的に販売することで、売上の増加を期待できるからだ。またGalaxy Note10/5Gは確認できている範囲では韓国の限定モデルと貴重な存在になっていることが判明している。詳細は「Galaxy Note10にも5Gが存在することを確認。さらにGalaxy Note10+/5GはSingle SIM仕様に。」をご覧頂きたい。

さて今回の情報によると、韓国政府の関係者が、Samsungに対してGalaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルを発売するように交渉を持ちかけていることが判明したとしている。いくら韓国国内で5Gが開始しているとはいえ、いまだ使える範囲は狭く、さらに通信環境も安定しておらず、多くのユーザーは4Gを利用している。このことからも、5Gを必要に思っていないユーザーが多いのも事実だ。

現に5Gが使えるようになったとしても、通信速度が劇的に改善するわけでもなく、生活に大きな変化をもたらしてくれるわけでもない。だからこそユーザーはいまだ5Gに積極的に投資をしたいとは考えにくい。仮に4Gモデルを扱うようになる場合、実際に発売されるのは3ヶ月後だとしている。おそらく認証の手続きや、キャリア用の端末の製造などで時間を要するからだ。ただホリデーシーズンの時期にぶつかるのは幸いかもしれない。

 

Samsungの懸念。

ただSamsungはGalaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルの展開にあまり前向きではないとしている。その理由は在庫だ。Galaxy S10シリーズで初めて5Gに対応したGalaxy S10 5Gをラインナップした。韓国国内でも大手キャリアと協力することで、Galaxy S10 5Gの売上を大きく伸ばすことに成功した反面、Galaxy S10/Galaxy S10+がかなり在庫になったことが判明している。

キャリアとしても、Samsungとしても今後5G対応機種の販売を拡大していきたいとしている中、このタイミングでGalaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルを追加した場合、5Gモデルの販売が鈍化する一方で、4Gモデルが過剰に在庫になると可能性がある懸念している。キャリアとしてはおそらく5Gモデルの販売を強化する。すると4Gモデルの販促は弱くなってしまう。ただ4Gモデルの販促を強化すると、5Gモデルの売上が鈍化し、5Gの成長も鈍化すると、まさにジレンマになっている。

5Gモデルだからといって、決して4Gで通信できないわけではなく、むしろ5Gに対応している範囲が狭いからこそ、4Gで通信していることの方が多いと判断することができる。韓国政府としては、4Gモデルの導入によって、少しでも経済を活性化させたいのか、何が目的なのか判然としない。ただこれ以上、政府が勝手なことをやっていると、それこそ、Samsungにも見限られてしまいそうだ。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG