iPhone XSを強く意識した?Galaxy Note10/Galaxy Note10+は一部表記に誤植があり後に訂正。

先日開催されたアンパックにおいて、SamsungはGalaxy Note10/Galaxy Note10+を大々的に発表した。また5Gに対応したGalaxy Note10+/5Gも正式に発表し、2020年に向けて5G対応機種のラインナップを強化している。また本体価格も判明しており、ライバルとも言えるiPhone XS/iPhone XS Maxと比較しても、かなりコスパが優れていることが判明している。詳細は「iPhone XS/iPhone XS Maxよりコスパよし。SamsungがGalaxy Note10/Galaxy Note10+を正式発表。」をご覧頂きたい。

また、事前情報通り、Galaxy Note10/Galaxy Note10+はイヤホンジャックが廃止されると予測されていたが、実際に廃止された。そして先日にはイヤホンジャックを廃止した理由も明らかになっている。詳細は「Galaxy Note10/Galaxy Note10+でイヤホンジャックが廃止された理由。」をご覧頂きたい。

さて今回SamMobileによると、Galaxy Note10/Galaxy Note10+はサイドフレームの材質をステンレスであると誤表記していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思う。



材質を誤って表記?

今回の情報によると、SamsungはGalaxy Note10/Galaxy Note10+のサイドフレームに採用されている材質をHigh-polish stainless steelとアナウンスしていたが、後に訂正が入り、High-polish metalに変更されていることが判明したとしている。最初はiPhone XS/iPhone XS Maxと同様にステンレススチールを採用しているかと思いきや、メタルを採用していると訂正されている。

ちなみに合わせて公開されたGalaxy Note10/Galaxy Note10+のPVにおいても、訂正されているのが確認することができる。

単純に誤植だったのか、それともSamsungの意図的なものなのか判然としない。ただ、仮にステンレススチールを採用しているということになれば、次期iPhoneを牽制する上でも、十分な効果がある。ただ実際にはメタルを採用しているので、牽制することはできないが。

 

Galaxy Note10+が圧倒的に指示を獲得。

同サイトは、さらにGalaxy Note10/Galaxy Note10+を購入するかどうかアンケートを行っており、以下のようになる。

選択肢 投票数
Yes, buying the Note 10+ 1062(42%)
Nope, not interested 851(34%)
Nope, not getting either unless I get a good deal 368(15%)
Waiting for reviews to drop before deciding 154(6%)
Yes, buying the Note 10 102(4%)

あくまでも執筆時点での結果になるが、半数近くのユーザーがGalaxy Note10+を購入することを考えていると判断することができる。一方でGalaxy Note10を購入すると選択しているユーザーは全体の僅か4%に過ぎない。このことからもGalaxy Note10+が圧倒的な支持を集めていると判断することができる。

ただ購入に否定的な意見も多く、合計で49%となっていることを確認することができる。つまり今回のアンケート結果では、Galaxy Note10シリーズを購入しないという意見の方が多い。先日の情報では、Galaxy Note10/Galaxy Note10+は昨年発売されたGalaxy Note9と同等の売上になる可能性が高いと予測されている。詳細は「Galaxy Note10/Galaxy Note10+はGalaxy Note9より僅かに販売台数が減少する可能性。」をご覧頂きたい。

今回のアンケート結果を見る限りでは、なかなか厳しい売上になるかもしれない。先日にはExpansysでも予約が開始している。詳細は「やはりGalaxy Note10+/5Gは入手困難か。ExpansysでGalaxy Note10/Galaxy Note10+の予約が開始。」をご覧頂きたい。気になる方はぜひチェックしてみて欲しい。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG