4G/5Gでは全く異なるデザインを。Galaxy Note10+/5Gの本体デザインが判明に。

すでに、Galaxy Note10/Galaxy Note10+のスペックやデザインも判明しており、先日の情報では、さらに予約を開始していることも判明している。詳細は「正式発表直前。Galaxy Note10とGalaxy Note10+のデザイン/スペックを確認しよう。」と「Galaxy Note10+/5Gの予約がすでに開始。さらに指定された条件で購入すればGalaxy Note10が無料でもらえる。」をご覧頂きたい。

一方であまりその情報が判然としないのは、Galaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルと5Gモデルの違いだ。そのスペックすら判然としないのはもちろんデザインも判明していない。さて今回Blog of Mobileによると、Galaxy Note10+/5GのVerizonモデルがFCCの認証を通過し、その本体デザインを確認することができると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



Galaxy Note10+/5GのVerizonが認証を通過。

今回の情報によると、SamsungのNR/LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「SM-N976V」が7月29日でFCCの認証を通過したことが判明したとしている。またFCCの認証通過に合わせて、その対応バンドも判明しているため、まとめると以下のようになる。

対応バンド
NR (TDD) 39000(n260)/28000(n261) MHz
LTE (FDD) 2600(B7)/1900(B2)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B28) MHz
LTE (TDD) U-NII(B46)/3600(B48)/2600(B38)/ 2500(B41)/2300(B40)/1900(B39) MHz
W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz
TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz
CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0) MHz
GSM 1900/1800/900/850 MHz

またwi-fiの対応企画も判明しており、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/axとなっている。

 

本体デザインが判明に。

そして今回FCCの認証情報において、本体図も公開されており、上記の画像がGalaxy Note10+/5Gの本体図になる。今回のFCCの認証はあくまでもVerizonモデルとなっているが、基本デザインはグローバルモデルと共通であると考えることができる。今までは、Galaxy Note10+の4G/5Gではある程度共通のデザインを採用しているものだと思っていた。しかしながら全く異なるようだ。

上記の画像がGalaxy Note10+の公式プレス画像だ。今回の本体図を確認する限りでは、上記の画像がGalaxy Note10+/4Gの公式プレス画像だと判断することができる主な違いを簡単にまとめると以下のようになる。

4G 5G
カメラデザイン 垂直型 並列型
カメラ搭載位置 背面左端 背面中央
インカメラ シングルレンズ デュアルレンズ

Galaxy Note10+/5Gは、Galaxy S10 5Gに近いデザインを採用していることを確認することができる。執筆時点で、その本体カラーやスペックを確認することはできないが、Galaxy S10 5Gに近いデザインであるなら、新鮮味には欠けると判断することができる。

そして多くのユーザーは、Galaxy Note10/Galaxy Note10+の4Gモデルのデザインに興味を惹かれている可能性が高い。となると、5Gモデルよりも4Gモデルの方が大きく注目を集めそうだ。正直同じ機種でありながら、4G/5Gモデルでここまでデザインが大きく異なるとは思ってもいなかった。かなり衝撃的だ。

VerizonではGalaxy Note10+/5Gの予約をすでに開始しており、そのキャンペーン画像が上記の画像になる。上記の画像は今回の情報を考慮すると、Galaxy Note10/4Gであると判断することができる。5Gの宣伝をしているのに、Galaxy Note10+/5Gのプレス画像がないのも、ユーザーからすれば非常に分かりにくいと言える。続報に期待しよう。



 

via Blog of Mobile

最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG