Galaxy Foldが売れてHuawei Mate Xが売れない2つの理由。

先日にはいよいよ韓国でGalaxy Fold 5Gが発売を開始した。また先日の情報からも、ヨーロッパの一部地域では、9月18日より。そしてアメリカでは9月27日より発売を開始する可能性が高いと予測されている。詳細は「韓国ではいよいよ発売開始。Galaxy Foldの地域別発売日まとめ。」をご覧頂きたい。

ただ発売を開始したとはいえ、韓国国内においても、販売店によって発売日が異なる。それだけ供給量がかなり限定されていると判断することができる。詳細は「事前購入は僅か15台。Galaxy Foldは9月11日より先行販売開始に。」をご覧頂きたい。

さて今回供給量が限定されているとはいえ、いよいよ発売を開始したGalaxy Foldと11月に発売を控えているHuawei Mate Xの大きな2つの違いについて簡単にまとめたいと思う。



本体価格の差。

折りたたみ式を採用した機種の原価は非常に高い。執筆時点で3種類程度存在しているが、どの機種も15万円以上の価格設定となっている。韓国国内で発売を開始したGalaxy Foldは、キャリアで購入した場合の価格が約21万円だ。この時点で非常に高価である。またイギリスの大手サイトであるCloveにおいても購入が可能であるが、約25万円近くの価格設定となっている。

そしてアメリカのオークションサイトであるeBayにおいて、送料込みで30万円近くの価格設定となっている。一方でHuawei Mate Xに関しては、アメリカので販売価格は$2600。つまり日本円で約27万8000円だ。この時点で、Galaxy Foldよりも圧倒的に価格が高い。Galaxy Foldでも手が届きにくい。なのにHuawei Mate Xはそれ以上に手が届きにくい。

Huawei Mate Xは当初の予定では6月に発売を開始するとされていたが、2度の延期を重ね、直近の情報において11月までには発売を開始する可能性が高いと予測されている。発売が延期されたことで、Kirin990 5Gを搭載することや、Huawei P30 Proと同じ低照度に強いカメラセンサーへアップグレードされるなど、発表当初よりもスペックが強化されている。

このことからも、本体価格が高くなっている可能性が高い。となると30万円は平気で超えそうだ。ちなみにGalaxy Foldも当初の発表価格より、改善が施された影響で僅かだが値上がりしていることが判明している。詳細は「Galaxy Foldは9月18日以降に発売。発売延期でまさかの高価格化。生産量は世界で10万台程度に。」をご覧頂きたい。少なくとも価格において、Galaxy Foldでも十分に高いが、Huawei Mate Xより優位性があると判断することができる。

 

Googleアプリ搭載有無の問題。

Huaweiはエンティティリストに追加されたことからも、アメリカのライセンスに関わる技術を採用することができない。一時期Androidすら搭載できなくなると予測されていたが、Androidはオープンソースのため問題なく使用することができる。とはいえ、Google謹製アプリ。YouTubeやGoogle Mapなどはラインセンスの問題があるため搭載することができない。

先日までの情報では9月19日に正式発表されるHuawei Mate30シリーズ以降の機種が対象になると予測されていた。詳細は「Galaxy Note10+と同じデュアルアパチャーを搭載に。Huawei Mate30 Proの最終確定のレンダリング画像が公開。」をご覧頂きたい。ただ直近の情報によると、発表されていても発売されていないHuawei Mate XもGoogle謹製アプリを採用することはできないとされている。

Huaweiが絶大的なシェアを獲得しているのはあくまでも中国市場になる。中国市場では、Googleアプリが最初から搭載されていないため、今後Huawei製品がGoogleアプリを搭載できなくなったとしても影響はない。ただグローバル市場においては別の話になる。グローバル市場において、Googleアプリが使えないAndroidは見向きもされない。

つまりHuawei Mate Xはグローバル市場で発売を開始したとしても大して売れない可能性が高い。Galaxy Foldと同様に供給の問題を抱えている可能性が高い一方で、本体価格が高く、Googleアプリを搭載していないのであれば、折りたたみ機種に興味を持つユーザーはGalaxy Foldを購入すると判断することができる。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ

DoCoMoはこちらで。 auはこちらで。
SoftBankはこちらで。 SIMフリーはこちらで。


最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG