結局壊れそうだけど。Galaxy Foldの改善されたポイントを実機画像で確認してみる。

当初の予定では4月下旬よりアメリカで発売を開始するはずだったGalaxy Foldだが、深刻な不具合が判明したことからも、実質無期限の発売延期となった。しかしながらSamsungはGalaxy Foldの改善点を正式に公表した上で、対象地域で9月より発売を開始することが判明している。詳細は「Galaxy Foldが9月より発売開始に。また主な改善点も判明に。」をご覧頂きたい。

その発売日に関して、かなり情報が錯綜しているが、すでに韓国では発売を開始していることが判明している。ただその供給量はかなり限定的になる可能性が高いと予測されている。詳細は「入手はかなり困難。Galaxy Foldは発売を開始しても超限定的な供給量に。」をご覧頂きたい。

さて今回Phone Arenaによると、改善されたGalaxy Foldを入手し、その改善されたポイントを画像で紹介していることが判明したので簡単にまとめたいと思う。



スクリーンプロテクターを固定。

まず改善されたポイントの一つが、外部層にあるスクリーンプロテクターの固定だ。4月下旬の発売前に、Samsungは多くのレビュアーにサンプル機を配布したがその際、ディスプレイの一部であるスクリーンプロテクターを、レビュアーが誤って剥がしてしまう事象が相次ぎ、結果ディスプレイが破損するという事象が多発した。

構造的に大きく変化したわけではないが、ベゼル部分まで、スクリーンプロテクターを拡張することで、ユーザーが誤って剥がせないように改善されていることを確認することができる。とはいえ、画像を見る限りでは、完全に剥がせないというわけでもないように見える。

ちなみに先日の情報からも、次期Galaxy Foldでは、このスクリーンプロテクターの採用をやめ、曲げても破損しないガラスを採用することで、スクリーンプロテクターが不要になるようにすると予測されている。詳細は「日韓貿易輸出の影響で。Galaxy Fold2は曲げられる特殊ガラスを採用した8インチのディスプレイを搭載に。」をご覧頂きたい。

 

ヒンジ部分の強度を強化。

2つ目の改善ポイントとして、ヒンジ部分が強化された。上記の画像からも、ヒンジ部分におけるキャップが改善されていることを確認することができる。とはいえ、このキャップはちょっと簡単に壊れそうに見えるのは気のせいだろうか。先日の情報からも、内部には新たに金属プレートが追加されていることからも、ヒンジ部分の強度がかなり増しているとされている。

ただこのキャップ部分は、個人的にあまり頂けない。Galaxy FoldはHuawei Mate Xと異なり、開いた状態で使うことが前提となっている。つまりこのキャップ部分も必然的に露出する時間が多くなる。ちょっと何かに引っかかって簡単にはずれそうで正直怖い。本当簡単に壊れそうだ。

 

チリや埃への対策。

そして3つ目に改善されたポイントが、折りたたんだ時にヒンジ部分に隙間がなくなったことだ。Galaxy Foldは折りたたんだ状態で持ち運ぶことが多い。ただこの折りたたんだ状態で、運ぶ際ヒンジ部分に隙間があることで、チリや埃が入り、その結果ヒンジが故障。ディスプレイの破損に繋がっていた。だからこそ、隙間をなくすように改善された。

少なくとも深刻な不具合を発生させた原因となる3つのポイントをしっかりと改善されていることを確認することができる。とはいえ、本体価格が20万円を超えることを考えると、ちょっと不安があることに違いはない。

Galaxy Foldは9月中に対象地域で発売日が異なることからも、発売日に関する情報が錯綜している。少なくとも直近の情報では、アメリカ国内において9月27日より発売が開始になりそうだ。詳細は「製造に問題でも発生か?Galaxy Foldは9月27日より発売を開始に。」をご覧頂きたい。続報に期待しよう。

 



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG