カメラを優先するなら答えは必然。Galaxy S10/Xperia 5のスペック/デザイン比較まとめ。

先日にいよいよ正式発表されたXperia 5。SONYはXperia 5をコンパクトモデルの立ち位置としている。つまり2018年の上半期に正式発表されたXperia XZ2 Compact以来となる久しぶりのハイエンドコンパクトモデルになる。

一方で同じ下半期に発表されたハイエンドコンパクトモデルとしてGalaxy Note10が存在しているが、先日の情報からも、DoCoMoから発売されない可能性が高いと予測されている。詳細は「DoCoMoの冬モデルとしてGalaxy Note10は発売されず?Galaxy Feel 3が認証を通過した可能性。」をご覧頂きたい。とはいえSIMフリーは購入することができることからも、Xperia 5の強力なライバルになると判断することができる。

詳細は「どっちのコンパクトがおすすめ。Galaxy Note10/Xperia 5のスペック比較まとめ。」をご覧頂きたい。Xperia 5は日本国内での発売が確実視されている中、キャリアで購入できるハイエンドコンパクトモデルとしてGalaxy S10が存在している。今回はXperia 5とGalaxy S10のスペック/デザインを比較した上でどちらの機種がおすすめか簡単にまとめたいと思う。



デザインを比較してみよう。

さてまずはデザインから確認したいと思う。上記の画像はXperia 5とGalaxy S10を比較したものになる。スペックをまとめると以下のようになる。

Xperia 5 Galaxy S10
ディスプレイサイズ 6.1インチ
画面占有率 80.52% 88.66%
本体サイズ 158 x 68 x 8.2 mm 149.9 x 70.4 x 7.8 mm
重さ 164g 157g

面白いのは、ディスプレイサイズが同じでありながらも、アスペクト比が大きく異なるから、Xperia 5の方が縦長のデザインとなっている。アスペクト比21:9を採用するメリットの一つとして、本体の横幅を抑えられるメリットがある。しかしながら、Galaxy S10と大して変わりはない。むしろGalaxy S10の方が薄く、さらに軽い。

またEdgeスタイルを採用していることを考えると、Galaxy S10の方が持ちやすいと判断することができる。とはいえ、Xperia 5もXperia 1と比較すれば、かなり軽量化され、それこそXperia XZ2 Compactと比較しても軽量化されている。それでも軽量化に本腰を入れているSamsungのGalaxyには及ばない。

またGalaxy S10はパンチホールを採用しており、フロントパネルのほとんどがディスプレイだ。一方でXperia 5は歴代Xperiaと比較すれば、十分にスリムになったとはいえ、ベゼルを採用している。どうしてもベゼルを採用していると、トレンドに乗り遅れているように感じてしまう。

 

スペックを確認しよう。

次に基礎スペックをまとめると以下のようになる。

Xperia 5 Galaxy S10
OS Android9.0
SoC snapdragon855 snapdragon855/Exynos9820
RAM 6GB 8GB
ROM 128GB 128/512GB
SDカード 対応
防水/防塵 IP68
生体認証 指紋 指紋/顔

Galaxy S10は最上位モデルであるGalaxy S10+と比較するとスペックがてんこ盛りではない。だからこそか、Xperia 5 と比較するとそこまで基礎スペックに大きな差があるようには感じない。ただストレージに関して、SIMフリーは128GBがベースとなっているが、Xperia 1のキャリアモデルは64GBと、SDカードに対応しているとはいえ、大きなデメリットになっている。

またGalaxy S10は、超音波式インディスプレイ指紋センサーを搭載しているが、その認証精度は不十分だ。ストレスなく認証できるという面ではXperia 5の方が上。ただGalaxy S10は顔認証にも対応しているが、2D認証となっており、さらにXperia 5は指紋認証しか対応していないことから、どちらの機種もセキュリティの面では安心とは言えない状況にある。

 

ディスプレイを比較してみよう。

次にディスプレイのスペックを比較すると以下のようになる。

Xperia 5 Galaxy S10
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.1インチ
表示解像度 2520×1080 3040×1440
画素密度 449ppi 550ppi

執筆時点でXperia 5に採用されている有機ELディスプレイのサプライヤーは判明していない。おそらくだが、LGもしくはSamsungだと考えることができる。ただどちらのサプライヤーを採用していたとしても、Galaxy S10に採用されている有機ELディスプレイの方が質が上の可能性が高い。

Xperia 5はXperia XZ3の時と同じく、ブラビアに採用されている技術を搭載されているが、それでもGalaxy S10の方が上だと判断することができる。さらに表示解像度も一般的に言えば、同じく2Kを採用しているが、画素密度で見るとGalaxy S10が圧倒している。あとはユーザーの好みもあると思うが、少なくともスペックで比較すれば、ディスプレイ全体でGalaxy S10が圧倒している。

 

バッテリーを比較しよう。

次にバッテリー関連のスペックをまとめると以下のようになる。

Xperia 5 Galaxy S10
バッテリーサイズ 3140mAh 3400mAh
ワイヤレス充電 非対応 対応
リバースワイヤレス充電 非対応 対応

Xperia 5のバッテリーテストの結果はまだ公開されていないが、Galaxy S10はすでに公開されており、79というスコアであることを確認することができる。はっきり言えばGalaxy S10の電池持ちは良くない。ちなみにこのスコアはXperia 1と同じだ。

Xperia 5の方がバッテリーサイズが小さいとはいえ、表示解像度が低い分、電池持ちは同等か、もしくはGalaxy S10よりいいかもしれない。ただXperia 5に過度の期待もできない。何より今年発表されたXperia 1やXperia 10 Plusなど、悉くバッテリーテストの結果が散々なものになっているからだ。

Galaxy S10はワイヤレス充電にリバースワイヤレス充電と対応しているが、正直電池持ちの悪さを考えると、バッテリーをシェアしている場合ではない。正直あまり実用的ではないと判断することができる。

 

カメラを比較してみよう。

そしてカメラのスペックを比較すると以下のようになる。

カメラ Xperia 5 Galaxy S10
メインカメラ 12MP+12MP+12MP 12MP+12MP+16MP
インカメラ 8MP 10MP

端的に言えば、Xperia 5はXperia 1と。Galaxy S10はGalaxy S10+と同じカメラ構成を採用している。一方でカメラの有名な評価サイトであるDxOMarkはすでにXperia 1とGalaxy S10+の評価を公開しており、その評価をまとめると以下のようになる。

DxOMark Xperia 1 Galaxy S10+
メインカメラ 91 109
インカメラ 78 96

メインカメラ/インカメラにおいてGalaxy S10+がXperia 1を圧倒している。つまりGalaxy S10のカメラの方が、Xperia 5より優秀である可能性。実際にXperia 1とGalaxy S10+を使った上では、Xperia 1のカメラの方が、ボケの精度が悪く、低照度の条件下における撮影に弱い。またシャッタースピードも遅いと、デメリットだらけだ。

厳密に言えば、Xperia 1のカメラよりXperia 5のカメラの方が劣化している。このことを考えるとGalaxy S10のカメラの方が相当優秀だと判断することができる。

 

スペック/デザインを比較してみて。

今回比較した内容を改めてまとめる以下のようになる。

Xperia 5 Galaxy S10
デザイン(トレンド)
持ちやすさ
ストレージ ×
セキュリティ(生体認証)
ディスプレイ
電池持ち × ×
カメラ

やはり全体的に、バランスがいいのはGalaxy S10になる。そして両機種を比較した上で、最も差を感じるのはカメラだと判断することができる。少なくともカメラを重視するのであれば、Galaxy S10をオススメする。そしてユーザーごとに何を重視するのか異なると思うが、個人的にはXperia 5のデザインの方が好きだ。ただ使って後悔しないのはGalaxy S10だと思ってしまう。



最新情報をチェックしよう!
>普段記事にしないあれこれを中心に。

普段記事にしないあれこれを中心に。

当サイトはiPhoneを中心としたApple製品のリーク情報を配信するサイトである。 だからこそ、当サイトとは関係ない記事やブログの運営報告や裏話について配信したいと思う。

CTR IMG